医学書院

商品写真

臨床外科


2018年02月号 (通常号) (Vol.73 No.2)
特集 外科医が知っておくべき 最新 Endoscopic Intervention (品切中)

 最近の内視鏡治療手技の進歩は著しく,かつては外科治療の対象となった疾患も,今や内視鏡治療が第一選択となることも少なくない.一般的には,外科的手術よりも内視鏡的治療(Endoscopic Intervention)のほうが侵襲は軽微であると考えられており,治療法の選択にあたって外科医が知っておくべきものも多いと考えられる.
 本特集では,最新の内視鏡治療手技について解説し,外科医が日常診療において選択肢の一つとして考慮できるような知識を身につけることをめざし企画した.内科外科がともにカンファレンスなどで検討するような場合にも役に立てば幸いである.

■総論:最近の進歩
内視鏡的止血法の進歩(非静脈瘤性上部消化管出血)
田邉 聡・他
ステント治療の進歩
藤澤 聡郎・他
栄養ルート造設の進歩
鈴木 裕・他
■各論:消化管
食道アカラシアおよび関連疾患に対する経口内視鏡的筋層切開術(POEM)
井上 晴洋・他
食道・胃静脈瘤に対する内視鏡治療
中村 真一・他
化学放射線療法後の局所遺残・再発食道癌における光線力学的療法
玉置 将司・他
幽門狭窄に対する内視鏡的金属ステント留置術
太田 弓子
大腸狭窄-内視鏡的治療と外科的治療の使い分け
清松 知充・他
■各論:肝胆膵
胆管結石・胆道炎に対する内視鏡治療
山本 夏代・他
胆管消化管吻合部狭窄に対する超音波内視鏡下治療
山本 健治郎・他
術後膵液漏を含む腹腔内膿瘍に対する超音波内視鏡ガイド下ドレナージ術
良沢 昭銘・他
WONを含む急性膵炎後の局所合併症に対する内視鏡治療
中井 陽介・他
慢性膵炎に対する内視鏡治療
伊藤 謙・他


●病院めぐり
大分市医師会立アルメイダ病院外科
白鳥 敏夫
●Reduced Port Surgery-制限克服のための達人からの提言・2
総論 Needlescopic surgeryかSingle port surgeryか
多賀谷 信美
●英文論文を書いてみよう!-なかなか書けない外科医のための集中講義・2
なぜ論文を書くのか?
杉山 政則
●FOCUS
「腸間膜(mesentery)は臓器である」-腸間膜はどのようにとらえられているのか
秋田 恵一・他
糞便微生物移植-腸内細菌をターゲットとした新規治療法
南木 康作・他
●臨床研究
閉塞性大腸癌への二期的治療における大腸ステントの意義
木下 正彦・他
●臨床報告
外科的治療が有効であった食道癌術後の単発腎転移の1例
瀧井 麻美子・他
●昨日の患者
血液に込められた献血者の想い
中川 国利
●1200字通信・114
歴史の十字路(消化器内科編)
板野 聡
●ひとやすみ・160
女性外科医が活躍するために
中川 国利
●8年目のportrait・4
お・も・て・な・し
新里 陽
関連書
  • 商品写真
    標準整形外科学
    (第14版)
    編集:井樋 栄二/吉川 秀樹/津村 弘/田中 栄/高木 理彰
    定価 10,340円 (本体9,400円+税10%)
    ISBN978-4-260-03880-5
  • 商品写真
    頭部外傷治療・管理のガイドライン
    (第4版)
    監修:一般社団法人  日本脳神経外科学会/一般社団法人 日本脳神経外傷学会 編集:頭部外傷治療・管理のガイドライン 作成委員会 編集協力:一般社団法人 日本外傷学会
    定価 3,300円 (本体3,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03960-4
  • 商品写真
    外科系医師のための臨床研究 手術を評価するアウトカム
    著:本多 通孝
    定価 3,850円 (本体3,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-03932-1
  • 商品写真
    標準外科学
    (第15版)
    監修:北野 正剛 編集:坂井 義治/田邉 稔/池田 徳彦
    定価 9,350円 (本体8,500円+税10%)
    ISBN978-4-260-03630-6
  • 商品写真
    ゾリンジャー外科手術アトラス
    (第2版)
    原著:E. Christopher Ellison /Robert M. Zollinger, Jr.  訳:安達 洋祐
    定価 16,500円 (本体15,000円+税10%)
    ISBN978-4-260-03228-5