医学書院

検索
HOME雑 誌総合診療 > 2018年03月号

総合診療

2018年03月号 (通常号) ( Vol.28 No.3)
特集 糖尿病のリアル 現場の「困った!」にとことん答えます。

糖尿病患者数は増え続け、なかでも高齢患者の増加は、患者の抱える問題の多様化・複雑化をもたらしています。治療薬が増えたことは、よい面もある一方で、治療方針の立てにくさにもつながっています。超高齢社会における糖尿病診療のさらなる課題について、現場のリアルな「困った!」に糖尿病専門医がとことん答えました。
(企画)片岡 仁美
(岡山大学大学院歯薬学総合研究科 地域医療人材育成講座教授・総合内科)
■総論
総合診療医が知っておきたい! 血糖管理の重要エビデンス
老田 真佑子│永井 聡│吉岡 成人
■糖尿病リアルQ&A
Q1 初診
「“糖尿病予備群”の患者さんへの正しい対処は?」
「糖尿病と診断したあとの“初めの一歩”は?」
和田 淳
Q2 内服薬
「ビグアナイドの“次の一手”は?」
「押さえておきたい“新薬”と、その使い分けは?」
石田 俊彦
Q3 注射薬
「インスリン導入/追加 or GLP-1受容体作動薬?
 どの薬を使えばいい? 週1回注射のよい適応は?」
弘世 貴久
Q4 生活指導
「診療の合間に医師ができる
 現実的な食事療法・運動療法の指導のコツは?」
坂根 直樹
Q5 急性合併症「押さえておきたい重篤な急性合併症は?」
「糖尿病特有の感染症、シックデイの指導は?」
梶谷 展生│四方 賢一
Q6 ひと目でわかる合併症
「え!? これも糖尿病の合併症だったの?」
三浦 順之助
■複雑困難事例の「こんな時どうする!?」
CASE1 「太く短く生きられればいいんです。治療の必要はありません!」
病識がなく治療に非協力的な患者さん
岡崎 研太郎
CASE2 「認知症や介護施設入所のため、インスリンをやめてほしい」
インスリンの“ステップダウン”
澤木 秀明
CASE3 マルチモビディティ状態の高齢者(肝硬変・腎不全合併)
三澤 美和
CASE4 在宅寝たきり高齢者 あきらめない! 在宅インスリン療法
池田 幸雄
CASE5 糖尿病神経障害
八木橋 操六
CASE6 「朝起きたら、弁当の空箱が枕元に3つ。でも、食べた覚えはありません……」
精神疾患を伴う患者さん
片岡 仁美│岡部 伸幸
■連携の要所 ミニQ&A
(1)1型糖尿病
木村 那智
(2)妊娠糖尿病
和栗 雅子
(3)小児糖尿病
田久保 憲行
(4)地域連携パス・ICTの活用
中塔 辰明

今月のQuestions
今月の「めざせ!総合診療専門医!」問題


●Editorial
片岡 仁美
●GM Group Dynamics|2|
21世紀 適々斎塾
●What’s your diagnosis?|183|
コブラツイスト
後藤 雅史|小山 弘
●国試にたずねよ|15|
「症候学」を国試にたずねる 適々斎塾(1)下痢・頭痛・浮腫
中西 重清|山中 克郎|
須藤 博|上田 剛士|板金 広(編)
●みるトレ Special|15|
これぞ問診が肝!
忽那 賢志
●診察で使える!|急性期Point-of-Care超音波ベーシックス|12|
心停止の評価
亀田 徹
●I LOVE Urinalysis シンプルだけどディープな尿検査の世界|12|
尿ケトン体がケトアシドーシスでも陰性となる時
上田 剛士
●ジェネラリスト漢方Basics 東西2つの視点でアプローチ|3|
漢方マニュアルの使い方、機能性ディスペプシアを例に 漢方の基本中の基本
岡部 竜吾
●オール沖縄! カンファレンス|15|
発熱患者における問診! 「+α」を聞き逃すな!
安次嶺 宏哉|徳田 安春(監修)
●こんなときオスラー|超訳『平静の心』|15|
肉体と精神の両方を等しく働かせて、均衡が崩れるのを
 予防しなければならない 「プラトンが描いた医術と医師」の章より
山中 克郎
●苦手克服|野獣のリアル勉強法|15|
GIM based Rheumatology “猫の巻”!?
陶山 恭博
●総合診療専門医(仮)セルフトレーニング問題|12|
ストレスで下痢をきたしやすい55歳男性
北村 大
●55歳からの家庭医療|明日から地域で働く技術とエビデンス|15|
「病い」へのアプローチ2
 Clinical Method in Family Medicine:LIFE HISTORY
藤沼 康樹
●投稿 GM Report
スペイン(Vall d’Hebron Hospital, Barcelona)での病院実習
山本 晴香

商品写真
定価 2,700円
(本体2,500円+税8%)