医学書院

検索
HOME雑 誌精神看護 > 2020年07月号

精神看護

2020年07月号 (通常号) ( Vol.23 No.4)
緊急特集 新型コロナでどうなりましたか?

こんな世界になるなんて、誰が予想したでしょうか。
人と人との交流、接触、対面での会話が「避けるべきもの」に変わり、数か月。
特に医療、看護、介護、福祉、心理といった、「身体」的な近さを前提にしてきた仕事では、自分たちのあり方自体が揺るがされる事態となりました。
この状態が一時のことなのかどうかはまだわかりません。
ですが、この未曽有の混乱期を記録しておく意味で、この特集では、6人の著者に問わせていただきました。
「新型コロナで、あなたはどうなりましたか?」と。

■精神科訪問看護ステーションの場合
小瀬 古伸幸
■カウンセラーという職業の場合
信田 さよ子
■社会福祉の現場の場合
金井 聡
■特別養護老人ホームの場合
村瀬 孝生
■就労継続支援B型の場合
木村 純一、中島 裕子
■「Zoom飲み」考
木田 塔子


■特別記事
2020年診療報酬改定で新設されたGAF尺度
 どのように評価し、点数をつければよいのか
小瀬古 伸幸


[3回連載]
●斎藤環氏による読書会『開かれた対話と未来』
専門職はオープンダイアローグにどうかかわったらよいか[その2]
 《質疑応答》オープンダイアローグへの理解を深める

[連載]
●間の間…13
Zoomにおける間の間
伊藤 亜紗
●渡邊恭佑の、「なんでもつないじゃいます」コーナー…3
新型コロナウイルスへの感染対策、メンタルヘルスを考える
 LINE上のプラットホームを立ち上げました
渡邊 恭佑
●精神科に入職して初めて働く時に、やったほうがいいこと、やらないほうがいいこと…8
新型コロナ感染拡大という状況の変化に揺れ動いているあなたへ
山下 隆之
●読者投稿コーナーだよ。ここ掘れかんかん!
やいばの上を歩くよう
北村 庄子
●大牟田市がインスパイアする[ケア×暮らし×人間]…2
哲学者・國分功一郎さんとの対話から
山内 泰
●患者さんが「怒った」事例をアセスメントして
 今日からの精神科看護に活かしたい…6(最終回)
上手に怒るAさん
田辺 有理子
●うんこあるある…8
精神科の現場で遭遇したアンビリーバボーな話。
塩月 玲奈
●外来看護は大事だ。ガオーーーーーー!…4(最終回)
まずは患者さんへの挨拶や、気にかけているというメッセージの発信を。
北 恵都子
●当事者研究のスキルバンク…18|べてるの家
本日の研究者:小柳里映さん
本日のスキル:つながりのクラスター法
●次号(9月号) 特集 思春期のゲーム依存、ネット依存。その裏に潜むもの

商品写真
定価 1,540円
(本体1,400円+税10%)