医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2020年05月号

病院

2020年05月号 (通常号) ( Vol.79 No.5)
特集 地域包括ケアで輝く病院

高齢化が進み、良質な地域包括ケアを提供するシステムをいかに構築するかが問われている。なかでも病院には、変わりゆく医療ニーズに的確に対応し、地域の中核的施設としての役割が求められている。本特集では現状を踏まえ、今後の方向性を探るために、すでに地域で機能しつつある好事例から具体的戦略を学ぶ。

山田 隆司
地域包括ケアの現状と病院の位置づけ
辻 哲夫
地域包括ケアと中小病院の今後 多機能型地域病院としての役割
武冨 章
地域包括ケアシステム構築に求められる
 病院と自治体それぞれの役割と連携
南 眞司
人口減少が進む地域での公立病院の取り組み
 保健・医療・介護・福祉の連携による包括的サービス提供の要として
小野 剛
地域包括ケアを見据えた公的病院の取り組み
郷 秀人
生き残りをかけた民間病院としての取り組み
 地域共生社会版Person Flow Managementを目指して
仲井 培雄


■対談
地域包括ケアにおける中小病院の役割
田中 滋×山田 隆司


●アーキテクチャー×マネジメント[65]
医療法人 林病院
宇田 淳
●病院で発生する「悩み」の解きほぐし方[1]新連載
応召義務をどう考えたらよいのでしょう?
越後 純子
●事例と財務から読み解く 地域に根差した中小病院の経営[21]
公益財団法人 ときわ会 常磐病院
「一山一家」の理念と新たな取り組みで地域医療を支える病院
林 和希
●医療現場の「働き方改革」 医療の質を担保しつつ労働負荷を低減させる方法[5]
「連続勤務制限」「勤務間インターバル」を意識した労働時間管理
福島 通子
●遥かなる霞が関[5]
高齢化の進行の中で考えておきたいこと
佐藤 敏信
●多文化社会NIPPONの医療 外国人患者受け入れの課題解決Q&A[32]
外国人患者での重症例・ご遺体対応
堀 成美

商品写真
定価 3,300円
(本体3,000円+税10%)