医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2020年04月号

病院

2020年04月号 (通常号) ( Vol.79 No.4)
特集 グループ化する病院

地域医療構想に伴う医療機能再編が進む中、病院はもはや単独で戦略を立てることは困難となっている。一方、病院チェーンおよび複合体は拡大を続け、それぞれの地域に根付いている。さらに地域医療連携推進法人などの新しいグループや連携のかたちが生まれ、進化を遂げている。本特集では、加速する病院のグループ化がどこへ向かい、今後の医療提供体制にどのような影響を与えるかを検証する。

今村 英仁
病院のグループ化はどのように進むか 複合体化とチェーン化の流れ
今村 英仁
病院グループの現状と課題
遠藤 邦夫・武田 浩二
医療アライアンス法人構想 病院の新たなグループ化の提言
山本 光昭
最近の病院におけるM&Aによる事業承継
長谷川 英司
【事例】医療法人清水会相生山病院
 地域医療連携推進法人「尾三会」参加病院として
佐藤 貴久
【インタビュー】
徳洲会グループのこれから
鈴木 隆夫


■対談
日本の病院の未来
二木 立×今村 英仁


●アーキテクチャー×マネジメント[64]
医療法人社団 薫英の会 久野病院
小菅 瑠香
●遥かなる霞が関[4]
続・GAFAはお辞儀をしない 「健康」のためなら,たいていのことは我慢できるか?
佐藤 敏信
●ケースレポート 地域医療構想と病院[34]
地域医療連携推進法人日本海ヘルスケアネット
 -医療介護資源に制約のある地方都市における医療介護サービスの確保戦略
松田 晋哉
●医療現場の「働き方改革」 医療の質を担保しつつ労働負荷を低減させる方法[4]
「宿日直」「研鑽」を意識した労働時間管理
福島 通子
●多文化社会NIPPONの医療 外国人患者受け入れの課題解決Q&A[31]
外国人患者特有の支払いの問題
堀 成美

商品写真
定価 3,300円
(本体3,000円+税10%)