医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2020年03月号

病院

2020年03月号 (通常号) ( Vol.79 No.3)
特集 病院建築の潮流

医療をめぐる環境が激変し、また建設費が高騰している現在、地域からの期待に応えるためには、どのような病院を建てればよいのか。本特集では、大きな意思決定を伴う病院建築について、建設プロセスから現地建て替えの留意事項、まちづくりへの参画まで、近年の流れを通して現状を俯瞰し、今後の方向性を探る。

伊関 友伸
病院建築水準の動向 建築の質とコストを適正化するということ
中山 茂樹
多様化する病院建築の建設プロセスごとの課題
福田 昭一
最近の医療・福祉施設の建築をめぐる状況
秦 佑佳
病院が参画する“まちづくり”
 30年後の鹿児島の未来を明るく照らす“キ・ラ・メ・キ テラス”
谷 浩志・渡邊 剛良・齊藤 祐仁
現地建て替えによる病院建築
長浦 雅人
再編統合自治体病院建設のコストアップ防止の工夫
 茨城県西部メディカルセンターの例
柴田 浩


■対談
病院建築は時代の変化にどう対応するか
筧 淳夫×伊関 友伸


●アーキテクチャー×マネジメント[63]
JA長野厚生連 浅間南麓こもろ医療センター
山下 哲郎
●事例と財務から読み解く 地域に根差した中小病院の経営[20]
社会医療法人 榮昌会 吉田病院
 高齢社会の変化に立ち向かう脳神経外科専門病院
林 和希
●医療現場の「働き方改革」 医療の質を担保しつつ労働負荷を低減させる方法[3]
労働時間の適正把握と36協定
福島 通子・羽兼 朋宏
●遥かなる霞が関[3]
GAFAはお辞儀をしない 医療の周辺のサービスはなぜこれほど低レベルのままなのか
佐藤 敏信
●多文化社会NIPPONの医療 外国人患者受け入れの課題解決Q&A[30]
感染管理の観点から進める外国人受診者受け入れ体制整備
堀 成美

商品写真
定価 3,300円
(本体3,000円+税10%)