医学書院

検索
HOME雑 誌medicina > 2020年08月号

medicina

2020年08月号 (通常号) ( Vol.57 No.9)
特集 患者満足度の高い便秘診療

超高齢社会を背景に慢性便秘の患者は増加し続けているが、治療に対する患者の満足度は低い。さらに最近では便秘がさまざまな疾患のリスク因子になることが明らかとなり、単にQOLの問題ではなく、治療すべきものとして再認識されてきた。本特集では便秘の適切な診断と近年登場したさまざまな新薬の使い方を中心に、患者満足度の高い診療のコツを解説する。
企画:中島 淳(横浜市立大学医学部 肝胆膵消化器病学)

中島 淳
■遠隔対談
注目される実臨床での慢性便秘診療
中島 淳・尾高 健夫
■なぜ便秘は生命予後が悪いか~疫学とそのメカニズムに迫る
なぜ便秘は治療しなければならないか
中島 淳・冬木 晶子・大久保 秀則
循環器疾患における便秘治療の重要性
石山 裕介・苅尾 七臣
腎疾患における便秘治療の重要性
菊地 晃一・阿部 高明
■便秘を診断する
便秘症の病態
眞部 紀明・春間 賢
便秘の病型分類・外来での鑑別法と重症度評価
味村 俊樹・本間 祐子・堀江 久永
■便秘を治療する
患者満足度の高い便秘治療はどうすべきか
中島 淳・大久保 秀則
わが国の保険診療における便秘治療のアルゴリズム
中島 淳
便秘患者への食事指導はどうすべきか
新妻 京子・松島 誠・黒水 丈次
【薬物治療】
酸化マグネシウムおよび刺激性下剤の使い方と注意点
富田 寿彦・三輪 洋人
分泌型下剤の使い方と注意点
 ルビプロストン,リナクロチド
秋穂 裕唯
新規浸透圧性下剤の使い方と注意点
 ラクツロース,ポリエチレングリコール
水上 健
胆汁酸トランスポーター阻害薬の使い方と注意点
 エロビキシバット
尾高 健夫
末梢型オピオイド受容体拮抗薬の使い方
 ナルデメジンの緩和医療における位置づけ
結束 貴臣・吉原 努・岩城 慶大
便秘症に対する漢方薬の使い方
安斎 圭一
浣腸・坐薬の使い方と注意点
佐々木 巌・佐々木 みのり・増田 芳夫
■さまざまなケースへの対応
救急外来を受診したケース
小林 貴・竹内 一郎
便秘型IBSの診断・治療
田中 由佳里
妊婦・授乳婦の便秘治療
北川 博之
小児の便秘の特徴と治療法
清水 俊明
高齢者便秘の特徴と治療における注意点
須藤 紀子
訪問診療での便秘治療はどう進めるか
木村 貴純
認知症患者における便秘
三浦 伸義
刺激性下剤依存症患者への対応をどうすべきか
三枝 純一
向精神薬による便秘
野口 信彦・吉田 晴久
慢性腎臓病(CKD)・透析患者における便秘
高島 弘至・阿部 雅紀
Parkinson病における便秘
山城 一雄・服部 信孝
■それ,ただの便秘ですか?
便排出障害型便秘の診断と治療総論
黒水 丈次
直腸知覚異常の診断と治療
安部 達也・國本 正雄・鉢呂 芳一
特殊な便秘
 慢性偽性腸閉塞症,巨大結腸症,腹部膨満症
大久保 秀則
■特集の理解を深めるための24題
解答


●見て,読んで,実践! 神経ビジュアル診察・28
手が震える!本当にParkinson病!?-姿勢時振戦
難波 雄亮
●フレーズにピンときたら,このパターン! 鑑別診断に使えるカード・8
長野 広之
●本気で書く!入院時サマリー! 患者情報,丸見え化プロジェクト・3
ポリファーマシー,どないしてる?~薬剤整理と入院時サマリー
徳田 嘉仁
●ケースレポートを書こう! acceptされるために必要なこと・5
倫理審査およびインフォームド・コンセント
八幡 晋輔・見坂 恒明
●目でみるトレーニング
岩崎 靖/増田 慶太/渡辺 徹也
●物忘れ外来から学ぶ現場のコツ 認知症患者の診かた・27
パンデミック下の認知症診療はどうしたら良いですか?
重松 一生

商品写真
定価 2,860円
(本体2,600円+税10%)