医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2018年03月号

訪問看護と介護

2018年03月号 (通常号) ( Vol.23 No.3)
特集 足を見よ、暮らしが変わる 在宅で見るべきところ、行なうべきこと

「足を見ることは大事だ!」。
これを否定する方はいないのではないでしょうか。
しかし、皆さんが自信をもってそれができているかというと、そうでもないよう。
爪や足先のトラブルについて、どこまで、どうやって関わるべきか悩ましいところがあるようです。
そこで、本特集では、足に関わることがいかに生活の質を上げるのか、そして、在宅でできる足の見るべき&行なうべきポイントを、フットケアの実践者に教えていただきました!
人生を支えてきた足にきちんと向き合い、ケアすることで、その人の生活の質は上がり、暮らしが変わっていくのです。

足へのちょっとしたケアが生活に彩りを与えます
三浦 和子
藤沢病院の「フットケア外来」ではこんなことをやっています!
編集室
在宅でここまでできる! 足・爪へのケアのポイントとコツ
 転倒予防と自立支援につなげるために
三浦 和子
データから考える、足を見る大切さ
山下 和彦


■特別記事
飲食を止め、死期を早めようとする患者たち
新城 拓也
■調査報告
介護支援専門員による高齢精神障害者への支援の現状と課題
原田 小夜・西垣 里志・山根 寛


■巻頭 ケアのヒュッテ・17
Co-Minkan普及実行委員会 横山太郎さん・西上ありささん・出野紀子さん
私たちの“Co-Minkan”をつくろう
 住民の対話による意思決定支援の場をめざして
(構成・撮影)神保 康子、編集室


●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・102
マドレーヌを食べた日から
秋山 正子
●認知症の人とその家族から学んだこと・11
ケアの技術を語ること、行なうことの難しさ
中島 紀惠子
●訪問看護実践と成果のつながりを可視化するために
 日本語版オマハシステムの開発に向けて・19
事例展開でみるデータの収集、問題の推定・特定から評価まで
オマハシステム研究会 岩本 大希
●どう読む!? 在宅医療・看護・介護政策・27
医師偏在対策の第2次中間とりまとめ
社会保険旬報編集部
●シンソツきらきら・15
生活空間で学ぶ看護の魅力
坂本 静香・小瀬 文彰

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)