医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2018年01月号

訪問看護と介護

2018年01月号 (通常号) ( Vol.23 No.1)
特集 在宅ケアの質を高める、“外縁”を広げる

2018年は、医療・介護に関する政策の節目の年ともいえそうです。
4月、診療報酬・介護報酬同時改定が行なわれます。
さらには、地域の医療体制・医療費を将来設計に適合させることを狙った
「第7次医療計画」「第3期医療費適正化計画」や、
介護サービスの運営の基盤となる「第7期介護保険事業計画」もスタートする年。
いずれも在宅の現場に影響を与えかねないものばかりです。

大きく変わりかねない現場で今、
ケアの質を高め、さらに枠組みを押し広げていくには何が必要なのか。
目の前の社会の制度・しくみの変化に振り回されずにどしっと構えるための言葉、
新たな制度を生み出す実践や取り組みの後押しになる言葉を、探していきます。

なぜ、今、在宅ケアシステムのイノベーションが求められているのか
高橋 紘士
多死社会の看取りを支えるために
太田 秀樹
地域住民を支える訪問看護ステーションとして活躍するために
角田 直枝
地域緩和ケアの網を張るために
蘆野 吉和
子どもたちとその家族のために
梶原 厚子
精神障害を持つ人の生活を支えるために
渡邊 乾
民間企業が地域包括ケアを構築し、事業を発展させるために
青木 正人
介護の専門職たちがいきいきと働くために
秋本 可愛


■巻頭対談
連載「在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!」100回記念対談
 秋山正子さん×山田康介さん 個別性に立ち戻り、やさしく自由な発想を!
■取材記事
「暮らしの保健室」がグッドデザイン特別賞を受賞!
(文・写真)編集室


●地域包括ケアのまちを歩く
 コミュニティデザインの視点で読み解くケアのまちづくり 最終回
地域包括ケアのまちづくりに必要な5つのこと
 Share金沢・三草二木 西圓寺・三草二木 行善寺
山崎 亮
●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・100
地域が動くときに 「時代がかちっと音を立てた」
秋山 正子
●認知症の人とその家族から学んだこと・9
認知症の人と介護家族の人生の物語にふれて思うこと
中島 紀惠子
●訪問看護実践と成果のつながりを可視化するために
 日本語版オマハシステムの開発に向けて・17
日本語版オマハシステムBasicセミナーを開催して
オマハシステム研究会 長江 弘子・渡邉 賢治
●どう読む!? 在宅医療・看護・介護政策・25
医療機関のウェブサイトを広告規制の対象に
社会保険旬報編集部
●シンソツきらきら・13
初めての単独訪問
中澤 まどか・小瀬 文彰
●訪問ほっとらいん
訪問言語聴覚士のキャリアに関する調査を実施
小島 香

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)