医学書院

検索
HOME雑 誌看護管理 > 2018年07月号

看護管理

2018年07月号 (通常号) ( Vol.28 No.7)
特集 2018年診療報酬・介護報酬同時改定への対応 病院看護部としての戦略を描く

2018年4月の診療報酬・介護報酬改定は,2025年に備えるための事実上,最後の同時改定となります。「地域包括ケアシステムの構築と医療機能の分化・強化,連携の推進」が重点項目として掲げられ,今年から新たにスタートする医療計画・介護保険事業計画と合わせ,医療・介護一体改革が進められることになります。本特集では,看護管理者が知っておきたい同時改定のポイントについて詳説するとともに,次改定や2025年を見据えた中・長期的戦略を病院看護部としてどう描くか,その考え方を示します。

■看護管理者は同時改定をどう理解すべきか
 日本看護協会の立場から
吉川 久美子
■詳説! 同時改定で病院運営はどう変わる?
PART 1 同時改定の全体像・コンセプトとこれからの病院運営

PART 2-1 診療報酬改定個別改定項目解説 医療介護連携

PART 2-2 診療報酬改定個別改定項目解説 入院基本料

PART 2-3 診療報酬改定個別改定項目解説 外来・看取り

PART 2-4 診療報酬改定個別改定項目解説 訪問診療/看護,そのほか

PART 3 2018年介護報酬改定のポイント

PART 4 ケーススタディー 戦略的病床再編と実行の方法論
 2025年に向けた最適な医療提供体制とは
湯原 淳平
■座談会
病院看護部としての戦略をどう描くか
 2018年診療報酬・介護報酬同時改定を受けて
高村 洋子/武井 純子/箕浦 洋子/湯原 淳平


■特別記事
[対談] 学習学の視点から考える「組織変革」
 未知の事柄に取り組む過程で学び合う組織学習の仕掛けづくり
市瀬 博基/本間 正人


[巻頭シリーズ]
●大学院で学ぶ看護管理学 現場の実践から新たな「知」を生むために(18)
武蔵野大学大学院

[連載]
●キャリア形成に悩むあなたのためのリレーエッセイ わたしの師長時代(15)
環境は自分を育てる大地であり,
 成果がモチベーションを高め,インセンティブとなる
市川 幾恵
●看護の可視化 量と質の両面から適切な評価を考える(7)
診療科や病棟の特性を加味した看護師配置・1
秋山 智弥
●進化するチーム医療への旅 今求められるレジリエンスとは?(4)
理想のチーム・組織とは?(2) チームワークからチームビルディングへ
清水 広久
●プログラムデザインで変わるファシリテーション
 あなたのスキルを現場に活かそう(10)
進行表を作って,プログラムをさらに明確にしよう
森 雅浩/浦山 絵里
●今さら聞けないビジネスフレームワーク(7)
パレート図
石井 富美
●コーチングと組織の関係性システムから考えるコミュニケーション(7)
人を育て,チームとの関係性を築くための「パワフル・クエスチョン」
田渋 あづさ/原田 直和
●ID×課題解決 インストラクショナルデザインを活用した教育プログラム開発(7)
乳腺炎のケアを習得するための教育プログラムの作成
殿川 真弥/前田 留美
●人生の終わりの日々のケアを訪ねて(7)
手術は成功,しかし……
 病院が大好きなさきよさんの「安心の最期」
村上 紀美子
●おとなが読む絵本 ケアする人,ケアされる人のために(145)
ヌーを殺すライオンは,有罪か無罪か
柳田 邦男

商品写真
定価 1,620円
(本体1,500円+税8%)