医学書院

検索
HOME雑 誌保健師ジャーナル > 2018年06月号

保健師ジャーナル

2018年06月号 (通常号) ( Vol.74 No.6)
特集 本場フィンランドのネウボラから学ぶ これからの子育て世代包括支援

2017(平成29)年4月から子育て世代包括支援センターを市町村に設置することが努力義務とされた。同センターは妊娠・出産・子育てに関するマネジメントを期待されているが,本特集では,フィンランドのネウボラの保健師活動を参考にしながら,これからの子育て世代包括支援の在り方を考える。

■フィンランドのネウボラで活躍している
 保健師から学ぶ子育て世代包括支援センターの在り方
横山 美江
■フィンランドの妊産婦・子どもネウボラにおける活動
トゥオヴィ ハクリネン(翻訳:横山 美江)
■実体験から語るフィンランドのネウボラ
 フィンランドのネウボラと日本の母子保健の両方を利用した体験から
マルクス コッコ(翻訳:堀内 都喜子)
■子育て世代包括支援センターの動向と母子保健との関わり
佐藤 拓代
■豊中市の取り組み
地区担当保健師の活動強化と妊娠期からの多職種との連携支援
岸田 久世,横山 美江
■梼原町の取り組み
地区担当保健師制の強化 切れ目ない支援の実現へ
畠山 典子,朝比奈 青里花,大崎 和江,芝岡 美枝
田村 美智,福島 富士子,横山 美江
■大阪市港区の取り組み
ネウボラのエッセンスを取り入れた
 地区担当保健師による継続支援システムの構築
福永 淑江,横山 美江


■PHOTO
“スクワット・チャレンジ”による運動習慣形成
 大田区と東京都健康長寿医療センター研究所の共同による取り組み

■Pick Up
高齢者の運動習慣形成のための“スクワット・チャレンジ”
遠峰 結衣,清野 諭,田中 泉澄,西 真理子
津村 良子,長岡 誠,北村 明彦,新開 省二
■特別記事
保健師活動におけるポジティブ心理学の可能性
秋山 美紀
■活動報告
ノーバディーズ・パーフェクト育児支援に参加した母親の気持ちの変化
 質的データの事業向上への活用
山脇 功次,後藤 あや,水野 美文,津富 宏


●ナカイタ発 保健師へのつぶやき・60
キャリアパスも含めた人材育成計画のつくりかた
中板 育美
●統括保健師の日々・26
奈良県の場合(3)(最終回) 地区担当制の実現に向けた活動
 保健師が果たすべき役割と期待
遠藤 多紀子
●見たい統計 自在に分析! 保健医療福祉計画データウェアハウス・2
地域保健事業報告 予防接種を中心に
岡本 悦司
●ニュースウォーク・241
介護保険の三段跳び 保険料引き上げや負担増
白井 正夫

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)