医学書院

検索
HOME雑 誌保健師ジャーナル > 2018年04月号

保健師ジャーナル

2018年04月号 (通常号) ( Vol.74 No.4)
特集 データヘルス新時代

第2期データヘルス計画がスタートに伴う保険者インセンティブの本格導入や,介護保険事業(支援)計画におけるデータに基づく課題分析の要請など,保健活動が大きく変わろうとしている。今後,保健師がどのようにデータヘルスに取り組んでいくか,事例を踏まえながら考える。

■第2期データヘルス計画と保健事業の在り方
保健事業の推進に向けた体制整備とその支援
岡山 明
■データ分析に基づく介護保険事業計画
「見える化」システムを活用した地域分析と
 自立支援・重度化防止に向けた取り組み
橋本 敬史
■富山県国民健康保険団体連合会の実践
富山県国保連合会によるデータヘルスの推進
春名 美和子
■品川区の実践
地域の医療保健関係団体と協働で取り組むデータヘルス計画
崎村 詩織
■和光市の実践
ニーズ調査等に基づく計画策定と地域ケア会議の活用
 アウト力ム志向,課題解決型の地域包括ケアへ
東内 京一
■富山県新川厚生センターの実践
保健所が取り組む糖尿病対策のデータヘルス
角 園子,大江 浩
■データヘルス新時代の健康なまちづくり
長嶺 由衣子,近藤 克則


■PHOTO
行政・民間・地域の協働で健診実施率が向上
 品川区「受診啓発プロジェクト」の取り組み

■Pick Up
ソーシャルマーケティングを活用した特定健診・特定保健指導実施率向上への取り組み
 行政・民間・地域の協働による受診啓発プロジェクト
崎村 詩織
■活動報告
コンサルテーションによる精神科訪問看護の問題の明確化
 地域で実践するコンサルテーションの取り組み
猪谷 生美,益満 孝一


●ナカイタ発 保健師へのつぶやき・58
寄り添うという「力」 知的な技
中板 育美
●時代が求める! 保健師記録の仕組みづくり・7(最終回)
こんなときどうすればいい?
 職場の疑問・不安に答える保健師記録Q&A その2
柳澤 尚代,吉本 照子,清水 洋子,菅原 京子
●ニュースウォーク・239
「原則屋内禁煙」は枕詞ではない
白井 正夫
●研究室からのメッセージ・158
岐阜医療科学大学看護学部看護学科 公衆衛生看護学

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)