医学書院

検索
HOME雑 誌看護教育 > 2018年10月号

看護教育

2018年10月号 (通常号) ( Vol.59 No.10)
特集 発達障害の特性がみられる学生への理解と支援
●セミナー開催のご案内

看護教員のための教育力UPセミナー:
発達障害の特性がみられる学生への理解と支援 入学から就職まで

日時:2019年6月22日(土)13 : 00~17 : 00
定員:60名
受講料:8,000円(税込、資料代込、事前振込)
※割引キャンペーンのご案内 月刊誌『看護教育』を個人契約で年間購読されている方は、当日5,000円キャッシュバックいたします。まだお申し込みでない方は、是非、この機会にお申し込みを検討ください。また、セミナー当日もお申し込みを受け付けます。
会場:東京都文京区・医学書院 本社2階 会議室
※セミナーの詳細は下記の医学書院 セミナー詳細ページにてご確認ください。
※お申し込みは医学書院 セミナー詳細ページよりお願いいたします。
医学書院 セミナー詳細ページへ


 高等教育の現場で障害のある学生はこの10年でほぼ6倍に増加し,なかでも精神障害,発達障害を抱える学生が増加傾向にあります。大学の場合,文部科学省から「個人に必要とされる合理的配慮が提供されること」が義務付けられていますが,教育界全体をみても,支援体制は構築の途上にあります。
 特に発達障害,精神障害などの定義が変わりやすく,またグレーゾーンも多く含まれる障害の場合,診断書をもっていないケースもあるため,多くの看護教員が対応に疲労感,困難感を覚えています。もしかすると,こうした困難感は,看護教員が看護と教育のプロである,だから自分たちですべて対応しなければいけないという認識も一因なのかもしれません。
 本来,障害を抱える学生の支援においては,教員1人がそのすべての責務を担うことはあまりに大変です。また,看護師の資格を得れば終わりではなく,キャリア形成の目線も欠かせません。そして何より,学生本人が不在の支援という問題が多くあります。
 本特集では,発達障害支援の専門家もまじえた連携や当事者の声もふくめ,看護基礎教育における発達障害当事者支援のあり方について考えます。

■[インタビュー]支援の誤解とポイント
発達障害支援の第一人者 高橋知音先生に聞く

■「対応が難しい学習者」は,誰が,何に,困っているのか
川上 ちひろ
■当事者からの言葉
ADHD,ASDの診断を受けた看護学生の悩み
透子
「特性」をもつ看護師として学び,働き,みえてきたこと
中島 裕子
まとめサイト管理人が語るライフハックと支援
凹凸ちゃんねる管理人
■看護教員が発達障害について学ぶ意義
書籍『大人の発達障害ってそういうことだったのか』から得られる知見
西田 千夏
■本人自身が困り事を発信できる支援に向けて
当事者を家族にもつ看護教員の視点
中尾 幹子
■座談会
就職後も見すえた,発達障害の学生のキャリア支援とは
川上 ちひろ/相馬 良子(仮名)/松野 友美/堀田 亮


■特別記事
わが国初の看護学速習プログラム(学士3年次編入)の報告
齋藤 あや/下田 佳奈/川端 愛/堀内 成子
[コラム] 転職や出産を経て,もっとも充実した日々
審良 綾子
[コラム] 地域経済学での学びから,地元の医療に貢献する道へ
田中 知冬
■実践報告
基礎看護技術教育の課題克服に向けて(後編)
 ヘビーローテーション再生動画を用いた授業展開
中原 るり子/中村 昌子/山住 康恵/櫻井 美奈


●つくって発見! 美術解剖学の魅力・10
大腿四頭筋 ほんとは背中側の筋
阿久津 裕彦
●看護に恋した哲学者と読む ベナーがわかる!腑に落ちる!・6
現象学的人間観(3)-気づかい/関心(つづき)
榊原 哲也
●ティーチング・ポートフォリオ作成講座・7
スタートアップシートの作成の感想
栗田 佳代子/吉田 塁
●授業を良くする! 教育関連理論・12(最終回)
総まとめ-授業づくりのQ&A
西野 毅朗
●NとEとLGBTQ・7
「LGBTの問題に対する看護の沈黙」を破るために
藤井 ひろみ

商品写真
定価 1,620円
(本体1,500円+税8%)