医学書院

検索
HOME雑 誌看護教育 > 2018年02月号

看護教育

2018年02月号 (通常号) ( Vol.59 No.2)
特集 VRで未来を変える

 VRで未来を変える。大げさなタイトルと思われたかもしれません。VR技術はますます発展を遂げていき,今や触覚もふくめた五感までも体験できるようになってきました。またVRを体験するためのデバイスも,高品質で比較的廉価なものが普及し始め,確実にVRへのハードルは下がってきています。VR技術が今後発展していくことは疑いようがないでしょう。
 しかし,VRという看護教育にとって新たな技術を,単に新しいという理由で,未来を変える教育ツールとして,ご紹介しようとは考えていません。VR「で」未来を変える,というタイトルには,開発者たちの,看護,ケア,そしてその教育で感じている問題点を,多職種で専門知を結集していきながら,看護教育を改善していこうとするパワーを込めています。
 そういう意味で,今回ご紹介する,日本で初めての看護教育用VRが,認知症をテーマにしたものだったのは,必然だともいえます。認知症は,医療専門職だけでなく,介護や家族,社会全体で取り組んでいくもの。いわば,多職種の知が結集している場です。たとえ非看護職であっても,看護,看護教育に期待されている方が大勢いらっしゃいます。そうした方々の声が,エールとなって皆様に届くことを祈念します。
 そして本特集が,日々の看護教育に悩まれ,改善を試みられている方々に,楽しみながらイノベーションを起こすことの,お誘いになれば何よりの喜びです。

●セミナー開催のご案内
看護教員のための教育力UPセミナー
VR×看護教育
患者の立場に立てる教育をめざして

日時:2018年10月6日(土)13:00 ~ 17:00
定員:60人
受講料:8,000円(税込、事前振込/『看護教育』年間購読を個人でご契約の方は当日5,000円キャッシュバック)
会場:東京都文京区・医学書院 本社2階 会議室
※セミナーの詳細は下記の医学書院 セミナー詳細ページにてご確認ください。
※お申し込みは医学書院 セミナー詳細ページよりお願いいたします。
医学書院 セミナー詳細ページへ

●登壇者のお一人である下河原忠道さん(株式会社シルバーウッド代表取締役)にインタビュー。「なぜVRと看護教育なのか?」―VR映像を制作される視点から答えていただきました。

■教育におけるVRの活用を展望する
廣瀬 通孝
■VR × 看護教育 患者の立場に立てる教育方法をめざして
山川 みやえ/古谷 和紀/内藤 知佐子
■VR体験とこれからのケアをつなぐ学習プログラム
ルーブリック評価,教員の活用方法とともに
内藤 知佐子/山川 みやえ
■【座談会】VRの可能性に託した,看護教育への信頼と展望
下河原 忠道/内藤 知佐子/古谷 和紀
堀田 聰子/山川 みやえ


■特別記事
インタビュー「ディープ・アクティブラーニング」という示唆
 松下佳代先生に聞く
聞き手 佐々木 杏子
■スクランブルゾーン
『看護覚え書』に学ぶ生活科学
 “夢の実現”を支える“健康な生活”をすべての人びとに
小河 一敏


●つくって発見! 美術解剖学の魅力・2
頭部 頭は考えるアゴである
阿久津 裕彦
●キネステティック・クラシック・ネオ
 動きの言語化のツールが可能にすること・2
学生の感性を引き出し伸ばす教育的かかわり
中本 里美
●授業を良くする! 教育関連理論・4
「設計」して授業の流れをつくろう!
西野 毅朗
●看護教育 継往開来!・9
先輩看護学生たちの不満 教員の権威の低下と,教育のサービス化
江藤 裕之/林 千冬
●リズムとからだ 「うまくいく」と「うまくいかない」の謎・11
「ノる」と「乗っ取られる」
伊藤 亜紗
●専門家と市民の架け橋 CoSTEP・8
3日間でライティングのエッセンスを学ぶ集中演習
西尾 直樹
●すべって,転んで,立ち上がるために ~看護職生涯発達学から~・11
40代看護師にとっての仕事の意味
高柴 律子
研究解説:折り返し地点の看護師たち
佐藤 紀子

商品写真
定価 1,620円
(本体1,500円+税8%)