医学書院

検索
HOME雑 誌理学療法ジャーナル > 2018年08月号

理学療法ジャーナル

2018年08月号 (通常号) ( Vol.52 No.8)
特集 ジェネラリストとスペシャリスト

現在,理学療法の臨床は,臓器・疾患別に細分化・専門化されている.就労する組織と領域も病期別医療・福祉領域そして教育まで範囲は広がり,求められる業務も細分化されている.臨床各領域の理学療法スペシャリストとは,一般に個々の病態や病期・治療技術の専門家を指すことが多いが,対象者個々のリハビリテートを援助し,その生活やQOL まで頭をめぐらす専門職である限り,理学療法士にはジェネラルな思考も求められる.理学療法士をジェネラリスト・スペシャリストとして定義づけるのでなく,さまざまな視点で論じ,働き方や教育の方向性を考える.

専門職としてのジェネラリストとスペシャリスト
岩田 健太郎
■理学療法におけるジェネラリスト・スペシャリスト
1.理学療法の専門性確立とその育成
佐藤 房郎
2.手で感じ取り,頭で解釈し,心を読み解き,そしてアクション
鶴見 隆正
■理学療法のスペシャリストとして
1.徒手理学療法のスペシャリストを養成する
山内 正雄
2.理学療法のprofession
岡田 亨
3.中枢神経疾患に対する理学療法
石田 利江
4.呼吸器疾患に対する理学療法
北川 知佳
■座談会
理学療法士として「ジェネラリスト」と「スペシャリスト」を考える
永冨 史子・渡辺 敏・
井手 伸二・三浦 祐司

>>> 「EOI(essences of the issue)」こちら(PDFファイル)
特集の各論文の概要をご紹介しています


●とびら
ICFを武器に
村上 忠洋
●1ページ講座 理学療法関連用語~正しい意味がわかりますか?
床反力と床反力作用点
福田 航
●オリパラ関連企画 理学療法士が知っておきたい重要なスポーツ動作・8
体操競技における倒立動作のみかた
岡田 亨
●入門講座 筋力トレーニング・4
筋機能,痛みを考慮した筋力トレーニング
平川 善之
●講座 発達障害・2
発達性協調運動障害と理学療法
眞鍋 克博,他
●臨床実習サブノート どうする?
 情報収集・評価・プログラム立案-複雑な病態や社会的背景の症例・5
女性の変形性膝関節症患者
中村 睦美
●甃のうへ
折り返し地点から眺める
金岡 さち子
●原著
荷重を許容した不動性骨萎縮の皮質骨微細構造解析
小関 弘展,他
●症例報告
血友病A 患者に対しTKA周術期理学療法を行った一例
高田 ゆみ子,他
●文献抄録
小田桐 匡・安彦 鉄平・松田 雅弘・横井 悠加

商品写真
定価 1,944円
(本体1,800円+税8%)