医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2018年03月号

病院

2018年03月号 (通常号) ( Vol.77 No.3)
特集 地域とともに進化する中小病院

かつて病院が機能の高度化と大型化を争った時代、中小病院の役割は終わったと囁かれた。しかし現在は、地域医療・地域包括ケアシステムを支える存在として、地元にしっかりと根を下ろす中小病院の役割が大きくなっている。本特集では、中小病院の多彩な進化の在り方と行く末を探る。

今村 英仁
これからの中小病院の経営を考えるための地域軸・提供医療軸による分類
高橋 泰
かかりつけ医,医師会と連携して生活を支える病院を目指す
鈴木 邦彦
人口減少社会において小病院が生き残るためには
 保健・医療・福祉複合体としてのまちづくりと多角的連携の実践
黒澤 一也
良い病院は地域を変える 地域密着型中小病院の新しいモデルを目指して
三島 秀康
認知症疾患治療センターの役割を担い,認知症ケアを積極的に進める
田中 志子
ケアミックス型で急性期から在宅医療まで多様なニーズに応える
入江 興四郎


■対談
地域から頼られる病院という道を選ぶ
織田 正道×今村 英仁


●Graph
医療的ケア児と家族の暮らしをサポートする
国立成育医療研究センター 医療型短期入所施設 もみじの家

●アーキテクチャー×マネジメント[39]
のぞえ総合心療病院
安川 智
●医療管理 原点からの展望[3]
病院の経営改革
池上 直己
●事例から探る地域医療再生のカギ[20]
宇和島徳洲会病院の経営改善
伊関 友伸
●事例と財務から読み解く 地域に根差した中小病院の経営[8]
社会医療法人抱生会 丸の内病院 病院の強みを生かした在宅サービスの展開
関 悠希
●医療と法の潮流を読む[10]
臨床現場での研究と被験者保護 近年の法制化と残された課題
井上 悠輔
●多文化社会NIPPON の医療[6]
「医療通訳」とその最適化
堀 成美

商品写真
定価 3,240円
(本体3,000円+税8%)