医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2018年01月号

病院

2018年01月号 (通常号) ( Vol.77 No.1)
特集 病院は2035年の夢を見るか

わが国の医療は大きな転換点を迎えている。政策誘導としての診療報酬改定は病院経営に直結するが、部分最適に目を奪われがちとなり、中長期的な展望が見いだせずに懊悩する病院経営者は少なくない。本特集では、2035年の社会・経済の動静や技術の進歩を見据えて、病院経営者は今何をすべきか問う。

渋谷 健司
統計分析から見えてくる2035年の病院の在り方
松田 晋哉
「未来を創る」センスメイキング理論
 日本の医療業界への示唆に富む最先端の経営学
入山 章栄
生涯現役社会の構築に向けたテクノロジーや経済社会と医療の共闘
富原 早夏
バイオエンジニアリングの将来像
鄭 雄一
多文化共生時代に求められる医療
高山 義浩・向川原 充


■対談
将来を見据えた病院経営のために
ロバート アラン フェルドマン×渋谷 健司


■特別記事
医療事故当事者をサポートするために病院ができること 公正な文化の醸成に向けて
大磯 義一郎・井上 真智子


●Graph
地域の生活を支える統合シミュレーション教育
 社会医療法人財団 聖フランシスコ会 
 姫路メディカルシミュレーションセンター「ひめマリア®
●医療管理 原点からの展望[1]
医療の特異性
池上 直己
●アーキテクチャー× マネジメント[37]
盛岡赤十字病院緩和ケア病棟
須田 眞史
●ケースレポート 地域医療構想と民間病院[20]
地域医療構想に対応した施設計画策定の考え方(2)
松田 晋哉
●事例から探る地域医療再生のカギ[19]
夕張医療センターの医療再生(後編)
伊関 友伸
●事例と財務から読み解く 地域に根差した中小病院の経営[7]
JA 高知病院 入院患者の増加と組織改革による赤字からの脱却
関 悠希
●医療と法の潮流を読む[8]
人生の最終段階でどこまで医療を提供するか 安楽死・尊厳死をめぐる法の動向
福山 好典
●多文化社会NIPPON の医療[4]
その健康保険証は適切か
堀 成美
●次号(2月号) 特集 ステークホルダーマネジメントとしての病院広報

商品写真
定価 3,240円
(本体3,000円+税8%)