医学書院

検索
HOME雑 誌臨床外科 > 2018年10月号

臨床外科

2018年10月号 (通常号) ( Vol.73 No.10)
特集 胃癌治療ガイドライン最新版を読み解く 改定のポイントとその背景

 胃癌治療ガイドライン第5版が本年1月に発刊された.第4版出版以降,化学療法の分野を中心に数多くの臨床試験が決着したため大幅な改定となった.そこで,本特集号では第5版での改定内容を中心に解説するとともに,大きく改定されていない分野についても,その背景を含めて解説していただいた.大きな変更のない分野のうち最も注目される腹腔鏡下胃切除術の取り扱いについては,臨床試験としてのエビデンスは現在構築中であるため,ガイドラインでの取り扱いは慎重に進められているが,NCDデータの解析によりわが国全体での動向も明らかになっている.この点についても解説していただいた.
 胃癌治療ガイドラインは最も歴史の長いガイドラインである分,最近のガイドライン作成マニュアルに則っていない側面もあるのが特徴である.また,一般論として,ガイドラインに書かれていることだけで日常臨床が完結するわけではない.この点も含めてご理解いただき,読者の皆様にはガイドラインの有効な活用に本特集をお役立ていただきたい.

胃癌治療ガイドラインの特徴と使い方
島田 英昭
「日常診療で推奨される治療法選択のアルゴリズム」の解説
小寺 泰弘
腹腔鏡下胃切除術の足跡と今後-幽門側胃切除術と胃全摘術
谷岡 利朗・他
ガイドラインを離れて:NCDビッグデータにみる腹腔鏡下胃切除術の現状
衛藤 剛・他
幽門保存胃切除術の適応
瀬戸 泰之・他
どうなる,網嚢切除と大網切除-JCOG1001を踏まえて
深川 剛生
脾門部リンパ節郭清の今後-JCOG0110を踏まえて
岩槻 政晃・他
食道胃接合部癌
山下 裕玄・他
どこまで伸びる? ESDの適応
小野 裕之
ESDにおける根治性の評価と手術適応
藤城 光弘
ガイドラインにみる胃癌化学療法-補助化学療法
馬場 英司・他
ガイドラインにみる胃癌化学療法-進行再発胃癌
三谷 誠一郎・他


●FOCUS
大腸癌gene signature-予後予測ツールとしての利用価値と今後の展望
神藤 英二・他
NET G3の概念と治療,そして外科切除の役割
今岡 大・他
診断群分類(DPC)を用いたクリニカルパスの評価
松田 晋哉
●Reduced Port Surgery-制限克服のための達人からの提言・10
RPSによる鼠径ヘルニア手術-needlescopic TAPP[動画付き]
金平 文・他
●病院めぐり
むらた日帰り外科手術・WOCクリニック
村田 幸生
●急性腹症・腹部外傷に強くなる・7
急性腸間膜虚血
川崎 恭兵
●臨床研究
膿瘍形成性虫垂炎に対するlaparoscopic interval appendectomyの検討
増田 大機・他
●臨床報告
男性嚢胞内非浸潤性乳管癌の1例
丸野 要・他
索状物による絞扼で生じた急性胆嚢炎の1例
佐藤 礼子・他
帝王切開後に腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行しえた胆嚢捻転症の1例
石井 政嗣・他
小腸軸捻転を経時的に追跡しえた小腸GISTの1例
片岡 温子・他
膵頭十二指腸切除術後の門脈狭窄による消化管出血に対して
 門脈ステントが有効であった1例
坂部 龍太郎・他
●ひとやすみ・168
手術同意書の作成
中川 国利
●1200字通信・122
職人の手
板野 聡
●昨日の患者
空舞う白鳥に想う
中川 国利

商品写真
定価 2,970円
(本体2,700円+税10%)