医学書院

検索
HOME雑 誌臨床外科 > 2018年01月号

臨床外科

2018年01月号 (通常号) ( Vol.73 No.1)
特集 閉塞性大腸癌 ベストプラクティスを探す〔特別付録Web動画付き〕

 大腸癌の増加とともに閉塞性大腸癌の診療の機会も増えています.また近年,bridge to surgeryとしての大腸ステント留置術や腹腔鏡手術の導入など,閉塞性大腸癌に対する治療の選択肢が広がっています.一方,それらの適応基準や手術のタイミングなどについては,依然コンセンサスが得られていないのが現状です.口側病変の検索や閉塞性大腸炎のマネジメントなど,通常の大腸癌とは異なる特殊な配慮も求められています.
 本特集では,もはやcommon diseaseにまでなった大腸癌診療において必携とされる,一般外科医が知っておくべき閉塞性大腸癌の最新トピックスをまとめました.
 編集室より:本特集では図に関連する動画(Flash形式)を見ることができます.ぜひ論文と併せてご覧ください.

閉塞性大腸癌のup to date
斉田 芳久
《閉塞性大腸癌に対するステント留置》
ステント留置術のコツとピットフォール
吉田 俊太郎・他
術前減圧はどちらを選ぶ?-ステントversusイレウス管
松田 明久・他
根治切除不能閉塞性大腸癌のマネジメント-ステント留置versus外科治療
廣 純一郎・他
《閉塞性大腸癌に対する手術》
一期的手術versus二期的手術【動画付き】
向井 正哉・他
開腹手術versus腹腔鏡手術
赤木 智徳・他
閉塞性大腸癌における口側腸管検索
 術前画像診断と術中大腸内視鏡検査
佐々木 和人・他
閉塞性大腸炎のマネジメント
亀山 仁史・他
閉塞性大腸癌の予後と補助化学療法
牛込 充則・他


●FOCUS
小児肝移植の現状とこれから
笠原 群生
膵癌術前治療の病理組織学的効果判定法の現状
古川 徹
cadaver trainingを国内で普及させるために-クリニカルアナトミーラボの導入
鈴木 崇根
●(新連載)Reduced Port Surgery-制限克服のための達人からの提言・1
総論 Reduced Port Surgeryの歴史と現況
森 俊幸・他
●(新連載)なかなか書けない外科医のための集中講義-英文論文を書いてみよう・1
なぜ研究をするのか?
杉山 政則
●病院めぐり
景岳会南大阪病院外科
竹村 雅至
●臨床報告
特発性大網出血の3例
高取 寛之・他
腸管狭窄をきたした小腸悪性リンパ腫の1例
杉 朋幸・他
拡大腹直筋皮弁と大腿筋膜を用いて腹壁再建した腹壁浸潤上行結腸癌の1例
長嶋 康雄・他
腹腔鏡下に切除しえた巨大な成人重複腸管の1例-報告30例の集計
松林 潤・他
●ひとやすみ・159
飲酒時における医療行為
中川 国利
●昨日の患者
人生最期の大冒険
中川 国利
●1200字通信・113
挫折とお餅とお饂飩と
板野 聡
●8年目のportrait・3
回診の思い出
新里 陽

商品写真
定価 2,916円
(本体2,700円+税8%)