医学書院

検索
HOME雑 誌胃と腸 > 2018年10月号

胃と腸

2018年10月号 (通常号) ( Vol.53 No.11)
主題 胃拡大内視鏡が変えたclinical practice
■序説
“clinical practice”-慢性萎縮性胃炎と胃癌
八尾 恒良
■主題
拡大内視鏡が慢性胃炎の診断をどう変えたか
八木 一芳・他
拡大内視鏡が慢性胃炎の診断をどう変えたか
大森 正泰・他
拡大内視鏡が早期胃癌の診断をどう変えたか
 -胃拡大内視鏡は,スクリーニング内視鏡におけるoptical biopsyになり得るか?
八尾 建史・他
拡大内視鏡が早期胃癌の診断をどう変えたか
 -スクリーニング(拾い上げ診断):
 同時性・異時性多発胃癌の診断における拡大内視鏡の有用性と問題点
森田 圭紀・他
拡大内視鏡が早期胃癌の診断をどう変えたか-範囲診断
内多 訓久・他
除菌後発見胃癌診断におけるNBI観察の有用性
名和田 義高・他
病理医にとっての胃拡大内視鏡-私はこう考える
二村 聡
■主題研究
生検組織診断Group 2におけるNBI併用拡大内視鏡の生検前診断
土山 寿志・他
1mm以下の超微小胃癌の検討
藤田 泰子・他
■主題症例
A型胃炎
丸山 保彦・他
胃過形成性ポリープの癌化例
上山 浩也・他
NBI拡大観察が有用であった散発性胃底腺ポリープ癌化の2例
上尾 哲也・他


●早期胃癌研究会症例
広範な十二指腸潰瘍を示した紫斑のないIgA血管炎の1例
大川 清孝・他

商品写真
定価 3,456円
(本体3,200円+税8%)