医学書院

検索
HOME雑 誌胃と腸 > 2018年07月号

胃と腸

2018年07月号 (通常号) ( Vol.53 No.8)
主題 対策型胃内視鏡検診の現状と問題点
■序説
胃がん検診の歴史と今後の展望
入口 陽介
■主題
対策型胃内視鏡検診の現状と課題
細川 治・他
対策型胃内視鏡検診の精度管理と安全対策
渋谷 大助・他
浜松市医師会における対策型胃内視鏡検診の現状
幸田 隆彦・他
金沢市における対策型胃内視鏡検診の現状
羽柴 厚・他
対策型胃内視鏡検診における観察撮影法
 -経口内視鏡
赤松 泰次・他
対策型胃内視鏡検診における観察撮影法
 -経鼻内視鏡
外山 雄三・他
胃内視鏡スクリーニング検査の見逃し例からみた観察撮影法の工夫
入口 陽介・他
■座談会
対策型胃内視鏡検診の現状と問題点
赤松 泰次・他
■主題研究
「有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン」の基礎となった臨床研究
濱島 ちさと
■ノート
対策型胃内視鏡検診の費用対効果
後藤 励


●今月の症例
特徴的所見を呈した食道B細胞性リンパ腫の1例
向井 伸一・他

商品写真
定価 3,456円
(本体3,200円+税8%)