医学書院

検索
HOME雑 誌精神看護 > 2017年11月号

精神看護

2017年11月号 (通常号) ( Vol.20 No.6)
特集 精神科ならではのファーストエイド(応急処置)と、とっさの声かけ Part2

自傷他害、あるいは事故などにより、ファーストエイドが必要となった精神科の実際のケースを再現し、とっさの時にどう対応するかをシミュレーションするための企画です。
2016年7月号でも同コンセプトの特集をしましたが、さらに異なる事例もあることに気づき、今回Part2を作ることにしました。今回加わった事例は、「熱傷」「溺れた」「自殺企図」「誤嚥」「肺血栓症」「悪性症候群」です。
もし自分がその状況の第一発見者になったならどう動くかを想像しながら読んでみてください。

■【対談】 イントロダクション:精神科におけるファーストエイドの確立を目指して

ケース(1) 燃える布団にくるまりながら寝ていた

ケース(2) 幻聴による命令で、腕をバーナー型ライターで焼いた

ケース(3) 熱い飲料を入れたペットボトルを持ち続け、手指を熱傷

ケース(4) 浴槽内で意識消失。水中に沈んでいるところを発見

ケース(5) ナイフで腹部を切って、自殺企図

ケース(6) パニック発作で手首を自傷。収まった後の自殺企図

■【解説】 自殺未遂患者との対話

ケース(7) 薬のヒートを誤飲した

ケース(8) 部分入れ歯を誤飲。咽頭に刺さっている

ケース(9) 肺血栓塞栓症

ケース(10) 悪性症候群による痙攣

■【解説】 悪性症候群を防ぐには
三上 剛人、中村 創


■レクチャー
「睡眠障害」「睡眠薬」に対する考え方と、知っておきたいこと
三浦 貴裕
■特別記事
ペプロウの対人関係論を、臨床の実践に落とし込んで理解しよう
小林 信


●精神看護専門看護師って何する人ぞ?(1)
「フリーランス看護師」という働き方
村本 好孝
●精神看護専門看護師って何する人ぞ?(2)
「教育」のやりがいに目覚める
桐山 啓一郎
●ラー吉。(7)
木下 将太郎
●ふしぎの国のデイケア(2)
専門家と素人-博士のデイケア送迎学
東畑 開人
●武井麻子のOh!それみ~よ(14・最終回)
ドキュメンタリー映画『ちづる』
武井 麻子
●訪問看護で出会う“横綱”級ケースにくじけないための技と型、教えます(4)
思いや言葉を出しにくい利用者
小瀬古 伸幸
●失恋の話を聞きまくる男たち。桃山商事(21・最終回)
失恋の話を聞きまくった結果、仕事や人生観まで変わりましたというお話
清田 隆之
●当事者研究のスキルバンク(2)
浦河べてるの家

商品写真
定価 1,404円
(本体1,300円+税8%)