医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2017年06月号

訪問看護と介護

2017年06月号 (通常号) ( Vol.22 No.6)
特集 これからは「クライシス・プラン」をつくっておこう
限られた訪問時間。そのなかで、患者・利用者の状態をとらえ、いざというときの工夫・対処の方法を考え、共有しておく。それは決して簡単なものではありません。
そこでご紹介したいのが、「クライシス・プラン」。「良い状態を保つ」「病状の悪化の始まりに気づき、早めに立て直す」「悪化が深刻になったときにスムーズに対処・対応する」方法を検討・共有するうえで、有効なツールになり得るものです。
ただ、「耳慣れない」という方がほとんどのはず。今特集では、この「クライシス・プラン」とは何か、つくると何がいいのか、どうやってつくればいいのかについて、徹底解説を試みます。
特集監修:野村 照幸

■「クライシス・プラン」ってなんだ?
なぜこのツールが注目に値するのか

■事例で紹介!こんなケースに使えます、クライシス・プラン
ケース1:統合失調症を発症し、入退院をくり返す利用者の場合

ケース2:認知症の進んだ高齢者の場合

ケース3:利用者自身はクライシス・プランを必要としていないが、
 周囲が対応に困っている場合

ケース4:いたって健康体に見える(?)人の場合

■クライシス・プランは“11のステップ”でつくる!
作成・導入・運用時のポイントを総ざらい

■クライシス・プランの源流、そして日本での発展可能性は!?

■【付録】クライシス・プランの説明用文書


■特別記事
「訪問看護師向け長期膀胱留置カテーテル
 閉塞予防・対応プロトコール」の開発 対応の動きを「見える化」する試み
前田 修子・滝内 隆子・森山 学・福田 守良

■巻頭
取材記 第32回国際アルツハイマー病協会国際会議in京都
 認知症になっても、ともに希望と尊厳を失わないリレーを
構成・撮影:神保 康子


●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・93
「孤独死予備軍」の人びと
秋山 正子
●認知症の人とその家族から学んだこと
 「……かもしれない」という、かかわりの歳月のなかで・3
介護家族の支援に思うこと
中島 紀惠子
●訪問看護実践と成果のつながりを可視化するために
 日本語版オマハシステムの開発に向けて・13
訪問看護ステーションで、実際に導入し、活用を始めて2
オマハシステム研究会 藤野泰平
●どう読む!? 在宅医療・看護・介護政策・18
医師と看護師の働き方ビジョンを示す
社会保険旬報編集部
●シンソツきらきら・6
就職を決めたひと言
横田 雄士・小瀬 文彰

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)