医学書院

検索
HOME雑 誌助産雑誌 > 2017年10月号

助産雑誌

2017年10月号 (通常号) ( Vol.71 No.10)
特集 助産師は父親をどう支えるか

父親学級の開催は増え,イクメンという言葉が世間に馴染んで久しいですが,母親の負担や産後うつはなかなか減りません。それはもちろん父親だけの責任ではありませんが,母親の負担を少しでも減らすためのキーパーソンが父親であることは間違いないでしょう。子どもを迎える家庭において,母親の心身をよい状態に保つために,助産師はどのように父親にアプローチすればよいのでしょうか。妻と夫の溝を埋めるための支援について考えます。

産後クライシスのからくりと予防方法
塩野 悦子
「妊娠期の妻への夫の関わり満足感尺度」の活用
中島 久美子
妊娠期の両親学級で行なうプレママ・パパへのメンタルヘルスプログラム
岡山 久代/内藤 代子/寺坂 多栄子/土川 祥
助産師から父親に伝えたいこと
永森 久美子
男女共同参画社会における子育て
 母乳で育てる家族における父親の主体的かかわり
本郷 寛子
夫婦が楽しく家事をシェアするために
三木 智有


■レポート
スウェーデン産科施設の見学を通して
河野 幸子
■TOPICS
熊本地震における助産活動の記録(2)
 熊本市立砂取小学校を拠点にした母子支援活動
林田 直子


●私たちの仕事場[21]
神奈川県助産師会立 とわ助産院
文:(院長)山本 年映
写真:宮崎 雅子
●宝物,教えてください[21]
女性への優しさにあふれるトーテムマザー
村上 明美
●助産師スピリットを育てよう!
 矢島助産院の実習調整会 助産院実習における学校との協働[最終回]
実習調整会の今後と展望
清水 幹子
●ワタナベダイチ式! 両親学級のつくり方[16]
自己紹介をするか,しないか
渡辺 大地
●未来の助産師を育てています わたしたちの教育現場[31]
新見公立大学 助産学専攻科

●りれー随筆[393]
「思い」をつなぐもの
林 雅代

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)