医学書院

検索
HOME雑 誌助産雑誌 > 2017年05月号

助産雑誌

2017年05月号 (通常号) ( Vol.71 No.5)
特集 がんばってます,新人助産師教育

今年も,新人助産師が入職する時期がやってきました。
新人助産師は現場に入って,何にいちばん困るのでしょうか。
また,先輩助産師および管理者は,新人教育においてどのようなことに工夫をしているのでしょうか。本特集では,現場の声を明らかにし,各施設で力を入れている新人助産師教育プログラムを紹介していただきます。
実際に新人助産師を迎えて,自施設の新人教育プログラムの改善点が見えてくるこの時期に,よりよい新人教育について考えます。

■よりよい新人助産師教育のために
いま現場では何を悩み,解決するために何をしているか
小川 朋子
■アンケート 新人時代に困ったことは何ですか?

■[新人教育プログラム]
国立病院機構大阪南医療センター
 新人助産師の臨床推論を鍛える
伊藤 美栄
聖母病院
 安全確実な助産ケア提供のための年間プログラム
明瀬 桃子/榊 あゆみ/吉田 紗穂/平田 もも子
桑名東医療センター
 産科・新生児科を担う人材育成のための周産期科新人教育プログラム
今村 真有美/上村 喜美子/
佐々木 禎仁/國分 真佐代/杉山 泰子
さくら産院
 診療所における助産師卒後研修
立崎 理香
■CLoCMiP®と新人看護職員研修ガイドラインをどう活用するか
北岡 朋


■インタビュー
ビバリー・ビーチさんに聞く
 助産師は自信をもって女性とともに習慣を変えよう
[通訳]松岡 悦子


●私たちの仕事場[16]
みづき助産院
文:神谷 整子
写真:船元 康子
●宝物,教えてください[16]
矢島助産院
松崎 政代
●助産師スピリットを育てよう!
 矢島助産院の実習調整会 助産院実習における学校との協働[2]
元学生へ,アンケートをお願いする
清水 幹子
●ワタナベダイチ式! 両親学級のつくり方[11]
どんな人が両親学級の講師に適しているか?
渡辺 大地
●未来の助産師を育てています わたしたちの教育現場[26]
札幌市立大学 助産学専攻科

●りれー随筆[389]
笑顔で幸福を売りながら
塩野 悦子

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)