医学書院

検索
HOME雑 誌保健師ジャーナル > 2017年11月号

保健師ジャーナル

2017年11月号 (通常号) ( Vol.73 No.11)
特集 生活習慣病の受診を促す保健指導 「受療行動促進モデルによる保健指導プログラム」の成果

厚生労働科学研究の「生活習慣病重症化予防のための戦略研究」(J-HARP)では,生活習慣病重症化ハイリスク者に対して「受療行動促進モデルによる保健指導プログラム」を用いた保健指導(受診勧奨)を行い,受診率向上などの効果が見られた。この研究の概要と成果,介入プログラムの具体的内容や評価を紹介する。また,介入自治体における取り組みや成果についても報告する。

■生活習慣病重症化予防のための受療には保健指導が有効
戦略研究の成果から
磯 博康
■「受療行動促進モデルによる保健指導プログラム」の紹介
表 志津子
■重症化ハイリスク者に対する保健指導の効果検証研究(J-HARP)
「受療行動促進モデル」の評価と意義
野口 緑
■介入自治体からの実践報告
現状を打開し,重症化ハイリスク者を守るために
 佐渡市の取り組み
石井 恭子
戦略研究で得たことを活かし,重症化予防事業を展開
 高槻市の取り組み
近藤 康子
保健師の原点に立ち返らせてくれた戦略研究への参加
 青森市の取り組み
中山 満美子


■PHOTO
家庭でも外食でも「旨」みを持つ食材を「上手」く利用して減塩
 大分県「うま塩プロジェクト推進事業」

■Pick Up
うま塩プロジェクト推進事業
 大分県による飲食店のうま塩化の取り組み
酒井 愛弓,世古 なぎ,下田 祐子
本多 友子,久々宮 浩子
■調査報告
京都府新人保健師研修ガイドラインによる研修の評価
 到達目標自己チェック表を用いた追跡的検討
千葉 圭子,東中 真美,小嶋 操,渡邊 温美,西邑 公子
西川 幸子,池田 裕子,斉田 晃子,星野 明子,桂 敏樹


●ナカイタ発 保健師へのつぶやき・53
“働く”を支える職場のヘルスプロモーション
 企業・自治体における健康経営
中板 育美
●統括保健師の日々・21
京都府の場合(1) 保健師の専門性を向上できる環境づくりを目指して
千葉 圭子
●時代が求める! 保健師記録の仕組みづくり・2
事例1:相模原市 記録の質保証を目指した取り組み
清水 洋子,波田野 房枝,柳澤 尚代,吉本 照子,菅原 京子
●鹿児島保健師ものがたり 地域包括ケア時代の保健師の役割を探る・2
地域包括ケア推進の中で保健師が果たしてきた役割・機能
 質的研究の結果から
八田 冷子
●事例を通して学ぶ 悩める妊婦の相談対応・8
タイプ別ケーススタディ 6 不安いっぱい型
橋本 栄里子,田口 朝子,田尻 由貴子
●ニュースウォーク・234
国で時間かかるなら,都で 受動喫煙防止条例,北海道でも
白井 正夫
●研究室からのメッセージ・153
東都医療大学ヒューマンケア学部看護学科 公衆衛生看護学

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)