医学書院

検索
HOME雑 誌検査と技術 > 2017年03月号

検査と技術

2017年03月号 (増刊号) ( Vol.45 No.3)
一般検査ベーシックマスター
第1部 基礎から学ぼう一般検査

尿定性検査
脇田 満
尿定量検査
堀尾 勝
尿沈渣検査-血球
佐伯 仁志
尿沈渣検査-上皮細胞
田中 雅美
尿沈渣検査-円柱
久代 真也
尿沈渣検査-塩類・結晶類
堀田 真希
便潜血検査
岡田 茂治
寄生虫検査-虫卵・虫体
野崎 司・他
寄生虫検査-原虫,マラリア
石井 明
髄液検査
林 晃司・他
穿刺液検査-胸水・腹水,関節液
保科 ひづる
精液検査
佐藤 和文

(※第1部 基礎から学ぼう一般検査は,「検査と技術」42巻1号~43巻1号(2014年1月~2015年1月)に掲載された連載「基礎から学ぼう一般検査」(企画:伊瀬恵子)を再編集し,加筆・修正を加えたものである.)


第2部 一般検査の「質」を保つTips&Techniques

■Situation 1-検体採取から検査まで
尿検査
 尿を適切に採取する
佐々木 彩
 尿中アスコルビン酸が検査値に与える影響を考える
山本 裕之
糞便検査
 便を適切に採取する-便潜血検査
福田 嘉明
寄生虫検査
 便を適切に採取する-寄生虫検査
福富 裕之
髄液検査
 髄液を適切に採取する
石山 雅大
 検体採取から検査までの所要時間が検査値に与える影響を考える
石山 雅大
穿刺液検査
 体腔液を適切に採取する
山里 勝信
精液検査
 精液を適切に採取する
青井 陽子
■Situation 2-検査の実施
尿検査
 尿の一般的性状から病態を読み解く
服部 亮輔
 ココがポイント! 尿定性検査
服部 亮輔・他
 検査の質を保つためのテクニック 尿沈渣標本作製
溝口 義浩
 検査の質を保つためのテクニック 尿沈渣鏡検
友田 美穂子
糞便検査
 便の一般的性状から病態を読み解く
石澤 毅士
 ココがポイント! 便潜血検査
石澤 毅士
寄生虫検査
 適切な検査プランを立てるためにとても重要,患者情報
加島 準子
 適切な検査プランを立てるために知っておきたい感染経路と発育史
加島 準子
 検査の質を保つためのテクニック 集卵法
福富 裕之
 検査の質を保つためのテクニック アメーバ類の鑑別編
福富 裕之
髄液検査
 なぜ,結果を迅速に報告することが重要なのか
菊地 雅寛・他
 検査の質を保つためのテクニック 細胞鑑別:髄液検査編
金沢 聖美
 検査の質を保つためのテクニック 内部精度管理と教育
田中 雅美・他
穿刺液検査
 検査の質を保つためのテクニック メイ・ギムザ標本の作製
山里 勝信
 検査の質を保つためのテクニック 細胞鑑別:穿刺液検査編
竹村 浩之
 検査値から漏出液と滲出液を推定する
田中 あゆみ
精液検査
 精液の一般的性状から病態を読み解く
久野 豊
 検査の質を保つためのテクニック 運動率・正常形態率
久野 豊
■Situation 3-結果と報告
尿検査
 異型細胞を認めたときは,こうやって進めよう
横山 貴
 迅速報告!! 尿検査のパニック値
原美 津夫
 こんな症例と遭遇したとき,あなたならどうする?
  十分な量が採れていない尿が提出された場合
西山 大揮
 こんな症例と遭遇したとき,あなたならどうする?
  尿中に食物残渣を認める尿が提出された場合
梶 明香
糞便検査
 こんな症例と遭遇したとき,あなたならどうする?
  室温で数日保存されていた検体が提出された場合
山浦 久
寄生虫検査
 こんな症例と遭遇したとき,あなたならどうする?
  鏡検時にアメーバのように動くものを認めた場合
福富 裕之
 こんな症例と遭遇したとき,あなたならどうする?
  虫卵のような成分が何か判断がつかない場合
福富 裕之
 迅速報告!! 寄生虫検査のパニック値
福富 裕之
髄液検査
 迅速報告!! 髄液検査のパニック値
奈良 豊
 こんな症例と遭遇したとき,あなたならどうする?
  計算盤内で細菌を認めた場合
金城 和美
穿刺液検査
 自動血球分析装置を用いた細胞数算定の進め方
小林 紘士
 こんな症例と遭遇したとき,あなたならどうする?
  鏡検時に細胞集塊を認めた場合
三橋 太
精液検査
 こんな症例と遭遇したとき,あなたならどうする?
  精液中に精子がまったく認められない場合
三橋 太