医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2017年08月号

病院

2017年08月号 (通常号) ( Vol.76 No.8)
特集 終末期と向き合う病院

日本は今、多死社会に直面している。地域包括ケア時代の今、病院は在宅や介護施設での穏やかな看取りにどう関わるか。また、在宅や介護施設からの救急対応、終末期患者の生命維持などの倫理的問題にどう向き合うべきか。本特集では、山積する課題を見据え、日本の終末期医療が進むべき方向性を考察する。

山田 隆司
人生の最終段階における医療の提供体制
伯野 春彦・桑木 光太郎
終末期医療をめぐる動向
木村 厚
終末期医療の倫理的問題
尾藤 誠司
地域におけるアドバンス・ケア・プランニングの進め方
西川 満則・三浦 久幸
緩和ケア病棟の現状と課題
宮森 正
介護老人保健施設における看取りの現状と課題,病院との連携
折茂 賢一郎
在宅での看取りの現状と課題,病院との連携
小澤 竹俊


■対談
超高齢多死社会の看取りを支える
柏木 哲夫×山田 隆司


■特別記事
医薬品政策をめぐる国際動向と政策決定プロセスの変化
小野崎 耕平


●アーキテクチャー×マネジメント[32]
医療福祉建築賞2016
山下 哲郎
●ケースレポート 地域医療構想と民間病院[16]
地域医療構想をどのように具体化するのか(1)
松田 晋哉
●病院勤務者のためのDPCデータ解析入門(番外編)[2]
病院経営陣とのコミュニケーションのためのレポート作成(2)
 Qlik Sense®を使ったレポート作成
本野 勝己・村上 玄樹
●医療と法の潮流を読む[3]
なぜ診療ガイドラインが裁判に用いられるのか
小谷 昌子
●赤ふん坊やの地域ケア最前線!-病院と地域のかかわりを学ぶ旅[16]
兵庫県明石市・譜久山剛
●次号(9月号)特集 「生きる」をデザインする病院 医療の再構築に挑戦する

商品写真
定価 3,240円
(本体3,000円+税8%)