医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2017年02月号

病院

2017年02月号 (通常号) ( Vol.76 No.2)
特集 DPCの新展開

医療費抑制と医療の質の継続的な向上,この双方が求められる難しい状況において,医療が適切な評価を得るには,“医療の情報化”による「見える化」を各レベルで進めるしかない.本特集では,その鍵となるDPCをテーマに,医療評価,看護評価,臨床研究,病院管理での応用事例に加え,わが国の医療全体をカバーする分類体系としてのDPC一般化の可能性を紹介.DPC開発・発展の経緯を踏まえ,今後の方向性を説く.

松田 晋哉
DPCが果たす医療政策の展開
 これまでの足跡と医療政策へのインパクト
迫井 正深
DPCを用いた医療評価
伏見 清秀
マスメディアから見たDPCデータの意義と課題
前村 聡
脳卒中医療の質向上に資するDPCデータ活用
飯原 弘二
医療マネジメント職の立場から見たDPCの意義と課題
鈴木 淳
重症度,医療・看護必要度データを用いた病院マネジメント
林田 賢史
DPCの一般化の可能性
 DPCを活用した医療・介護の需要構造の把握に向けて
松田 晋哉


■対談
DPCに期待すること
冨田 栄一 × 松田 晋哉


■特別記事
病院の建て替え・改修における感染対策上の留意点
郡 明宏


●アーキテクチャー×マネジメント[26]
社会福祉法人 函館厚生院 函館五稜郭病院
石橋 達勇
●ケースレポート 地域医療構想と民間病院[13]
あさかホスピタルグループ
 精神障害者を支える医療・福祉・社会復帰の一体的サービスの展開
松田 晋哉
●病院組織コーチング[9]
地域包括ケアにおける多職種連携とコーチング
井上 直子
●赤ふん坊やの地域ケア最前線!-病院と地域のかかわりを学ぶ旅[13]
石川県七尾市・神野 正博

●病院勤務者のためのDPCデータ解析入門[11]
分析結果の実務への応用(2)
 医療職全員で共有する分析結果の使い方
本野 勝己・大谷 誠
●次号(3月号) 特集 2035年に生き残る病院組織論

商品写真
定価 3,240円
(本体3,000円+税8%)