医学書院

検索
HOME雑 誌臨床外科 > 2017年05月号

臨床外科

2017年05月号 (通常号) ( Vol.72 No.5)
特集 百花繚乱! エネルギーデバイスを使いこなす〔特別付録Web動画付き〕
 超音波凝固切開装置と血管シーリング装置の登場で内視鏡手術が大きく進歩し,開腹手術にも使用されるようになった.以前からあるモノポーラに代表される高周波手術機器についても,さまざまな出力モードを備え,内視鏡下で使用されるようになってきている.近年,腹腔鏡下肝切除が普及したのは,このような各種エネルギー機器の進歩が大きい.
 これらの機器の特徴を生かし,場面ごとで使い分けたいところではあるが,多くがディスポーザブル機器であるのでコストの問題もあり,手術の時間や出血量の軽減,クオリティと,経済性とのバランスが求められている.また,超音波凝固切開装置では当初からキャビテーションによる周囲組織損傷が指摘されていたが,これらのエネルギー機器全般において,発生する熱による臓器への影響や損傷が重要な問題点である.
 本特集では,各種エネルギー装置の原理,特性,使用法のコツ,注意点などをエキスパートが解説する.
 編集室より:本特集では図に関連する動画(Flash形式)を見ることができます.ぜひ論文と併せてご覧ください.

■知っておきたいデバイスの特徴と安全な使用法
高周波手術装置(電気メス)の原理と有害事象
渡邊 祐介・他
超音波凝固切開装置と血管シーリング装置の原理,歴史と特徴
藤原 道隆・他
超音波凝固切開装置+血管シーリング装置(THUNDERBEAT®)の特徴と安全な使用法
 腹腔鏡下胃癌手術における使用の実際
下池 典広・他
■術式別:デバイスの選択と活用法
胸腔鏡下および用手補助腹腔鏡下食道癌手術
小熊 潤也・他
開腹幽門側胃切除術
 高周波手術機器の使用法
大橋 学・他
腹腔鏡下胃全摘術
 超音波凝固切開装置と血管シーリング装置の適切な使用法
奥野 圭祐・他
reduced-port腹腔鏡下胃全摘術
國崎 主税・他
腹腔鏡下右側結腸癌手術
 超音波凝固切開装置を用いて
竹政 伊知朗
腹腔鏡下直腸癌手術
 超音波凝固切開装置の活用法
大塚 幸喜・他
腹腔鏡下肝左葉切除術
 CUSAを使用して
小島 正之・他
腹腔鏡下肝右葉切除術
中平 伸・他
腹腔鏡下胆嚢摘出術
北城 秀司・他
膵頭十二指腸切除術
井上 陽介・他


●FOCUS
「膵癌取扱い規約 第7版」改訂のポイント
村田 泰洋・他
●病院めぐり
秋田肛門外科 おぬきクリニック
小貫 学
●ラパコレUpdate 最近のコンセプトと手技・10
Difficult gallbladder 胆摘困難例の画像診断
佐藤 多未笑・他
●臨床報告
経過中にシャント血流の消失をきたした膵体部動静脈奇形の1例
黒田 順士・他
自動縫合器を用いた口側の双孔式結腸ストーマ脱修復術の1例
三宅 克典・他
腹腔鏡・内視鏡合同手術により切除した十二指腸粘膜下腫瘍の1例
溝口 公士・他
膵併存腫瘍の術後肝転移に対し手術を施行した1例
安里 昌哉・他
●ひとやすみ・150
外来処置における気配り
中川 国利
●1200字通信・104
いぬの気持ち,ねこの気持ち
板野 聡
●昨日の患者
死期を悟った医師
中川 国利

商品写真
定価 2,916円
(本体2,700円+税8%)
(品切中)