医学書院

検索
HOME雑 誌medicina > 2017年10月号

medicina

2017年10月号 (通常号) ( Vol.54 No.11)
特集 自信をもって対応する虚血性心疾患

虚血性心疾患は、循環器内科では最も患者数の多い疾患であり、一般内科医も遭遇する機会は多い。本特集では、冠動脈疾患の基礎的な知識から最新のトピックスまでを網羅。また、どのタイミングで循環器専門医にコンサルテーションするとよいかなど、臨床に役立つ内容を具体的に解説している。
企画:中川 義久(天理よろづ相談所病院循環器内科)
中川 義久
■座談会
急性冠症候群患者の救命率を上げるには?
天野 利男・中川 義久・安東 治郎
■虚血性心疾患を見逃さないための診断法
急性冠症候群の臨床症状
古川 裕
一般内科医から循環器専門医へのコンサルテーション
江原 淳
初期対応医が循環器内科医に引き渡す前に,すべきこと・すべきでないこと
 -JRC蘇生ガイドライン2015:急性冠症候群(ACS)から
西山 慶
急性冠症候群の心電図所見
小菅 雅美
虚血性心疾患診断における心エコーの役割
泉 知里
急性冠症候群のバイオマーカー
佐藤 幸人
急性冠症候群の冠動脈造影所見の読影法
中川 義久
虚血性心疾患診断での冠動脈CTの役割
渡辺 浩毅・橘 知宏
■急性冠症候群の急性期治療
ST上昇型心筋梗塞への経皮的冠動脈形成術
吉町 文暢
不安定狭心症/非ST上昇型心筋梗塞への急性期治療
松澤 泰志・木村 一雄
心原性ショック患者への対応
市村 研三・的場 哲哉・前原 喜彦・筒井 裕之
心筋梗塞合併症への対応-種類,機序,見分け方
貝谷 和昭
■プレホスピタル治療への取り組み
onset to balloon timeがなぜ重要なのか
塩見 紘樹
onset to balloon time短縮のための心電図伝送システム
藤田 英雄
AEDが院外で効果を発揮するために必要な医師の知識と役割
野々木 宏
■虚血性心疾患の慢性期治療
虚血性心疾患における二次予防のための抗血小板療法
日置 紘文・上妻 謙
二次予防のための脂質管理
根本 照世志・下浜 孝郎・阿古 潤哉
二次予防のための糖尿病管理
稲田 司
虚血性心疾患患者におけるACE阻害薬/ARBの使い方
小松 愛子・野出 孝一
虚血性心疾患患者における心不全への対応とβ遮断薬の使い方
猪又 孝元
虚血性心疾患再発予防における心臓リハビリテーションの役割
小笹 寧子
■冠動脈疾患治療の最新の話題
冠動脈バイパス手術の進歩
福井 寿啓
生体吸収性スキャフォールド治療
村松 崇
■冠動脈疾患のメカニズム
冠動脈プラークがなぜ生じ,破綻するのか?
和田 英樹・宮内 克己
[Column] プラークの破綻によるイベントを予測できるか?
和田 英樹・宮内 克己
虚血性心疾患の疫学
桑原 和代・岡村 智教
虚血性心疾患の病理所見
仲川 将志・成子 隆彦・上田 真喜子
■特集の理解を深めるための25題
解答


●フィジカルクラブpresents これって○○サイン!?(7)
朝の起床時,右脚に力が入らず立歩行困難で救急要請した90代男性
平島 修
●目でみるトレーニング
竹本 聖/市來 征仁/梶原 祐策
●Inpatient Clinical Reasoning-米国Hospitalistの事件簿(15)
視野狭窄の恐怖
石山 貴章
●内科医のボクらに心療ができないはずがない(6)
めまいの背後に隠れた「死にたい」を見逃すな
井出 広幸・宮崎 仁
●内科医のための 耳・鼻・のどの診かた(9)
嚥下障害
石丸 裕康・土橋 直史・高北 晋一

商品写真
定価 2,808円
(本体2,600円+税8%)