医学書院

検索
HOME雑 誌看護管理 > 2016年01月号

看護管理

2016年01月号 (通常号) ( Vol.26 No.1)
特集1 看護管理者としての意思決定/特集2 スタッフと会議を元気にする!ホワイトボード・ミーティング

特集1 看護管理者としての意思決定
新たな看護ケアの創出に向けて,スタッフとともにいかに歩むか

看護現場が時々刻々と変化するなか,外的・内的要因から,看護管理者には組織のリーダーまたはマネジャーとしての意思決定が常に迫られている。
組織のミッションやビジョンに基づくあるべき意思決定は,どのようなプロセスで進めていけばよいのだろうか。
また,医療が複雑化する時代に,現場を主体とし,全員参画型の意思決定が求められている。そうした意思決定を可能にする組織とはどのようなものであろうか。
本特集では,対談と寄稿から「看護管理者としての意思決定」の理想のありようについて考察する。

■【対談】全員参画型の意思決定をめざして
相互に支援し合い,新たなケアを創造するこれからの看護組織
金井 壽宏/勝原 裕美子
■【寄稿】看護管理者としての意思決定
病院と大学の法人一体化を契機とする優れた看護実践を目指すための戦略
Nursing Professional-Practice Modelに込めたもの
柳橋 礼子
■ビジョンに基づく意思決定
職員の自律した行動を導いた8年間のマネジメントプロセスを振り返る
近藤 ときえ
■目指す看護に向けて何を実現しようとするか
横浜市立みなと赤十字病院での実践から
鈴木 恵子
■新しい知識を創り出せる組織への再構築
独立行政法人化に看護部長として関与した経験から
河嶋 知子
■学ぶ集団に自ら変化するしかけをつくる看護管理者の意思決定
病棟の診療科再編の経験から
久部 洋子


特集2 スタッフと会議を元気にする!ホワイトボード・ミーティング

ホワイトボード・ミーティングとは,会議参加者の主体性を高めるファシリテーション技法の1つ。開発者のちょんせいこ氏は学校や企業での普及活動に加え,看護師の浦山絵里氏とともに医療・介護領域での普及活動にも努めている。本特集では,ホワイトボード・ミーティングの概要を紹介するとともに,6つの会議フレームの中から初心者でも取り組みやすいフレームと,看護現場で活用するための心構えや具体例を紹介する。

■スタッフと会議を元気にする!ホワイトボード・ミーティング
ちょん せいこ
■ホワイトボード・ミーティングを活用し,学び合いの組織をつくるためのヒント
基本的心構えと場面別レシピ
浦山 絵里


■特別記事
看護組織の経営意思決定支援
ヘルスケアMBAコースで経営課題解決力を学ぶ
武藤 正樹
[3回シリーズ]東京医科歯科大学医学部附属病院の看護マネジメント(1)
倫理性と効率性の両立を目指した高齢者看護の質改善
現場の変化を捉え,課題解決に導くための看護管理者の役割
平野 博美/小松 佳子
質の高いサービスを提供するマネジメントと組織のあり方
ドラッカーを超えて
諏訪 茂樹


[巻頭シリーズ]
●うちの師長会・主任会 学習する組織をめざして(25)
JCHO大阪病院

[連載]
●ポジティブ・マネジメントの航海術―組織変革の波を越える(7)
虎の門病院におけるコンピテンシー・マネジメントの導入(2)
市瀬 博基
●エビデンスと実践をつなぐ 量的研究論文の読み方・使い方(5)
批判的吟味とは,どのような読み方か
加藤 憲司
●回り道ナース(22)
いてもいなくてもいい人
松本 圭古
●臨床現場で実践したい「倫理的合意形成」入門(10)
【事例編(3)】現場で合意形成を活かすには
吉武 久美子
●新人看護師の組織社会化を目指すアサーティブ研修 教材の作成と学習展開(5)
“What's チームワーク?”
シリーズ教材(1)「新人VS新人の巻」
多賀 昌江/内田 智美/神島 滋子/大野 夏代/松浦 和代
●おとなが読む絵本 ケアする人,ケアされる人のために(116)
ファンタジーはこころのくすり箱
柳田 邦男

商品写真
定価 1,620円
(本体1,500円+税8%)