医学書院

検索
HOME雑 誌看護研究 > 2016年12月号

看護研究

2016年12月号 (通常号) ( Vol.49 No.7)
特集 研究の意味 多領域との対話から
■研究の意味 社会的価値,学術的意義,個人的意味
八田 太一
■ケアの実践のための研究はなぜ容易でないのか?
島薗 進
■健康と医療の人類学
道信 良子
■生活モデルへの転換と看護職
三井 さよ
■臨床で働くと腹をくくった看護師にとっての,研究のもつ意味
宮子 あずさ
■哲学の意味と看護
河野 哲也
■看護研究が医師にとって意味あるものとなる場面
藤沼 康樹


■特別記事
【看護理工学は創造する-エコーを用いた最新の研究成果】
 不顕性誤嚥を予防する研究を通して学んだ看護研究の重要性
三浦 由佳
「点滴漏れを減らすための血管を可視化する研究」からみた
 看護学とものづくり
野寄 修平
明日の看護学を創る学生の指導を通して
 我慢させない療養生活の実現をテーマに
真田 弘美
【研究対象者に対する研究倫理を考える(4)】
 研究対象者の立場に立った研究倫理教育の検討
河原 智江,西村 ユミ,久保 恭子
■原著論文
家族介護者の介護生活影響尺度の開発
岩田 昇,堀口 和子,鈴木 千枝


●英語論文を書くということ・8(最終回)
日米の看護のはざまで 英語論文を書くことの意味
余 善愛

商品写真
定価 2,052円
(本体1,900円+税8%)
(品切中)