医学書院

検索
HOME雑 誌助産雑誌 > 2016年11月号

助産雑誌

2016年11月号 (通常号) ( Vol.70 No.11)
特集 開業助産師の実践する助産ケア 後輩に伝え,残しておきたいこと

現在実践している助産ケアを,6軒の助産院のみなさんにご紹介いただきました。
妊娠期,分娩期,入院中,産後など,それぞれの時期にわけて,できるだけたくさんの知恵や技術をまとめました。開業助産師の助産ケアは,大きな病院でも実践可能です。まったく同じように再現できなくても,その助産ケアの根底にある意図をくみ取ることができれば,応用できるでしょう。
地域や施設を超えた,先輩助産師から後輩助産師たちへのメッセージを伝えます。

■後輩に伝えたい助産ケア
矢島 床子
■妊娠期の助産ケア
■分娩期の助産ケア
■分娩遷延した場合の対処法
■出産直後の助産ケア
■入院中の助産ケア
■産後の助産ケア(退院後3日から産後1年まで)
[分担執筆] いなだ助産院/助産院もりあね/とも子助産院/
松が丘助産院/みやした助産院/矢島助産院


●私たちの仕事場[10]
花みずきレディースクリニック
文:(看護師長)山口 晴子
写真:宮崎 雅子
●宝物,教えてください[10]
トラウベから伝わる命の鼓動に導かれ
小松 佐紀
●『産み育てと助産の歴史』から見える未来[3]
「超音波」と「大学」から見た助産師
鈴井 江三子
●ワタナベダイチ式! 両親学級のつくり方[5]
どうやって両親学級に集客するのか
渡辺 大地
●ほんとうに確かなことから考える 妊娠・出産・子育てのはなし[15]
子どもの病気や事故予防について
森 臨太郎/森 享子
●助産研究をしよう 基本を押さえて臨床で活かす![11]
学会発表と論文執筆のコツ
福澤(岸) 利江子
●未来の助産師を育てています わたしたちの教育現場[21]
愛仁会看護助産専門学校 助産学科

●りれー随筆[383]
生涯続けられる仕事,それは助産師
佐々木 紀子

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)