医学書院

検索
HOME雑 誌助産雑誌 > 2016年07月号

助産雑誌

2016年07月号 (通常号) ( Vol.70 No.7)
特集 助産師教育で伝えたい,大切な助産ケア

助産師は,妊産婦と胎児,新生児,そして家族との関係性を大切にし,理解に努め,ケアを提供している専門職です。
ところが今,実習施設の確保が困難であったり,ローリスク妊産婦の分娩が少なかったりと,教育機関では助産学実習の実施に苦労している様子が聞こえてきます。しかし,理論と技術を統合する場である助産学実習はおろそかにはできません。
そこで,実習施設の開拓,臨床指導者の養成,教育機関と臨床現場とのよりよい連携といった,課題の解決策と,助産学生に伝えたい助産ケアの本質について,今一度原点に立ち戻って考えてみたいと思います。

■座談会
助産学実習の場はどうあるべきか
福井 トシ子/井村 真澄/北川 眞理子
■診療所における助産学実習を考える
(1)東京医療保健大学
助産師の活動の場として診療所をとらえる
島田 祥子/中嶋 彩/米山 万里枝
(2)聖隷クリストファー大学
診療所への就業率向上を見据える
久保田 君枝
■これだけは伝えたい助産ケア
喜びを“待つ”ということ
春名 めぐみ
「継続ケア」と「ケア提供者の継続」
日隈 ふみ子
2次救急施設での超緊急帝王切開をチーム医療で支える
小笠原 慶子
妊婦が満足できる傾聴のポイント
「聴き切る」という技法
伊東 由宥子


■Close Up
増える特別養子縁組 助産師はどうかかわる?
その1 日本の現状
畑中 郁名子

■TOPICS
「バースハピネスを考えるシンポジウム」を企画・開催して
古宇田 千恵
トークイベント「産後百人一首」に参加して
みつい ひろみ


●私たちの仕事場[6]
さくら産院&さくら産後院
文:立崎 理香
写真:船元 康子
●ワタナベダイチ式! 両親学級のつくり方[1]
両親学級で何を伝えるべきか
渡辺 大地
●宝物,教えてください[6]
イギリスで使っていた臍帯剪刀
高橋 ゴールドマン 浩美
●ほんとうに確かなことから考える 妊娠・出産・子育てのはなし[11]
産後の栄養と母乳哺育(II)
森 臨太郎/森 享子
●助産研究をしよう 基本を押さえて臨床で活かす![7]
研究計画書の書き方
福澤(岸) 利江子
●未来の助産師を育てています わたしたちの教育現場[18]
京都大学大学院
医学研究科人間健康科学系専攻母性看護・助産学

●りれー随筆[379]
招待状の届くままに歩み続けて
羽江 和子

商品写真
定価 1,512円
(本体1,400円+税8%)