医学書院

検索
HOME雑 誌看護教育 > 2016年09月号

看護教育

2016年09月号 (通常号) ( Vol.57 No.9)
特集 さぁ,臨床判断モデル
 本誌 56巻7号 「看護過程再考」にて,タナー氏が構築した,臨床現場で看護師がどのように考えているかを表わした,「臨床判断モデル」を初めて紹介しました。
 確かに実践者はこのように考えているという反響をいただく一方で,これはエキスパートの思考であり,基礎教育に取り入れるのは難しいとの反応もありました。
 しかし,米国オレゴン州においては,このモデルのもと,声かけや事例設定などの日々の教育から,カリキュラム全体の構築,教育施設としての病院との連携などを大きく改革することにより,卒業時に臨床判断力が向上した,というデータが出ています。
 日本でも,「臨床判断モデル」を導入することにより,基礎教育の段階から,学生が実践的に考える訓練を積むことがよりいっそう可能となります。学生の実践力向上のため,この特集が,皆さんの基礎教育変革の手助けとなることを願っています。

■クリスティーン・タナー氏講演録より
臨床判断モデルの概要と,基礎教育での活用について
監訳:松谷 美和子
■臨床判断モデルを看護基礎教育で用いるアイデアとシステム
三浦 友理子
■臨床判断力開発のための「思考発話」
池田 葉子
■臨床判断モデルに基づいた学習の内容と評価について
コンセプトを基盤にした学習(Concept-based learning activities)と,
ラサター臨床判断ルーブリック評価(Lasater Clinical Judgment Rubric)
喜吉 テオ 紘子/Ann Nielsen /Kathie Lasater
■オレゴン看護教育コンソーシアム(OCNE)と
コンピテンシーを基盤としたカリキュラムの構築
奥 裕美


■スクランブルゾーン
精神看護学教員とピアサポート・グループ
 体験と感情を大切にするということ
榊 惠子


●【新連載】だから私はこう書いた 系看著者のフィロソフィー・1
「看護学概論」「基礎看護技術I・II」
理論と技術をつなげて見えてくること
茂野 香おる
●笑いの伝道師 Wマコトのコミュニケーション革命・9
バラエティ現場から学ぶ! “笑認”のすゝめ
Wマコト
●グループワークの“達人”への道・3
グループワークの準備 学生が主体的に動くグルーピングの方法 その1
三浦 真琴
●考える力を育てるシンキングツールの活用・6
クラゲ・チャートで根拠や原因をつかませる
黒上 晴夫
●“医療安全力”を育むリスクアセスメントトレーニング・29
基礎編“コミュニケーションエラー”による事例発生を防止する!
 事例発生に至るプロセスの見える化と未然防止トレーニング
斉藤 奈緒美/石川 雅彦
●東西南北! 学生募集旅日誌・3
「海」から来た新入生の母校を学校長と共に訪ねる
高塚 由香里
●宮子あずさのエキサイティングWriting・21
患者を責めない疾病観をもって書く
宮子 あずさ

商品写真
定価 1,620円
(本体1,500円+税8%)