医学書院

検索
HOME雑 誌看護教育 > 2016年01月号

看護教育

2016年01月号 (通常号) ( Vol.57 No.1)
特集 形・型・可で技術教育の「安楽」を考えよう!
 看護教育においては,理論や思考はもちろん大事ですが,実践家を育てるという意味でもっとも求められるのが技術ではないかと思います。いかにその技術を教育するかを多くの先人が考え,試し,確立してきました。メディアの発達により情報を得る手段は,絵から写真へそして画像へと進化し,再現性,継続性のアップが図られてきた結果,技術教育はある程度成熟した感があります。にもかかわらず,臨床現場からは看護の基礎技術など内容の崩れが目立つという声も聞かれます。結局,いくら教育内容が充実していっても,実際にそれに費やす時間やエネルギーが不足しているのではないでしょうか。
 そんな今だからこそ,技術教育の重要性を見直そうと組まれたのが今回の特集です。武谷三男が提唱した,技術の三段階論「形・型・可」という枠を通して,看護師がその専門性をもっとも発揮し得る「安楽」を,教育現場にどのように取り込んでいけばいいかを考えます。
 「安楽」という単語は一般的な言葉ですが,実は日常ではあまり用いられないもの。だからこそ,ここに看護の原点があるのではないでしょうか。

■安楽を図る技術の習得教育 形・型・可に添って
川嶋 みどり
■技術教育にいま足りないもの
ロールモデルとしての姿勢から
水澤 晴代
■看護基礎教育における技術の習得過程と安楽の意識化
水戸 優子/山口 みのり
■「非」と「安楽」 看護技術教育における「可」の姿
阿保 順子


■実践報告
安全なケアを提供するための能力の育成
 「インシデント・アクシデント報告書」の改訂と活用から
小林 美雪/伏見 正江/萩原 結花/茂手木 明美
吉澤 千登勢/西村 明子/須田 由紀/森田 祐代


●【新連載】笑いの伝道師 Wマコトのコミュニケーション革命・1
なぜ看護に“笑い”が必要なのか?
 笑いの本質は,人を喜ばせる・人を輝かせるコミュニケーション
Wマコト
●【新連載】看図アプローチへの招待・1
「授業に協同学習を取り入れたいのですが……」
それなら看図アプローチです!
鹿内 信善/徳永 基与子/平野 加代子
●臨床教育学 わからないこととの出会い・1
臨床教育学ってどんな学問?
遠藤 野ゆり
●アジア,アフリカ,ラテンアメリカの看護教育はいま・10
ケニア 東アフリカの看護界のリーダーとなることへの期待
成瀬 和子
●“医療安全力”を育むリスクアセスメントトレーニング・21
伝える体験から学ぶ“プレゼン力”トレーニング
斉藤 奈緒美/石川 雅彦
●宮子あずさのエキサイティングWriting・13
臨床で強化された人間観をどう書くか
宮子 あずさ

商品写真
定価 1,620円
(本体1,500円+税8%)