医学書院

検索
HOME雑 誌臨床婦人科産科 > 2016年04月号

臨床婦人科産科

2016年04月号 (増刊号) ( Vol.70 No.4)
知りたい最新情報がすぐわかる! 不妊・不育症診療パーフェクトガイド
■1.悪性腫瘍の妊孕性温存治療
若年がん患者に対する妊孕能温存治療の適応と実施法
林 篤史・他
子宮頸がんに対する妊孕性温存手術の適応と注意点
田中 京子・他
子宮体がんに対する黄体ホルモン療法の適応と注意点
牛嶋 公生
上皮性・非上皮性卵巣悪性腫瘍に対する妊孕性温存手術の適応と実施法
佐藤 豊実
Q1.乳がん患者に対して卵巣刺激を行う際には,
 どのようなことに注意が必要でしょうか?
林 篤史・他
Q2.初経前であっても配偶子を採取・凍結することは可能でしょうか?
林 篤史・他
Q3.広汎子宮頸部摘出術後に不妊治療を行う際には
 どのようなスケジュールを立てればよいでしょうか?
佐藤 卓・他
Q4.高度肥満の患者に対して黄体ホルモン療法を行う際には,
 抗凝固療法は必要でしょうか?
牛嶋 公生
Q5.抗がん剤の種類により卵巣機能への影響は
 どの程度異なるのでしょうか?
佐藤 豊実
■2.不妊症の検査・診断
●女性因子
基礎体温の評価法
田村 博史
各種ホルモン測定の実施法と評価法
高村 将司
インスリン抵抗性の検査と評価法
岸 裕司
クラミジア検査の適応と診断法
竹村 由里
染色体検査の適応と意義
玉置 優子・他
卵巣予備能の評価法
岩瀬 明・他
卵胞発育モニタリングの実施法
折坂 誠・他
卵管疎通性検査の実施法と評価法
森宗 愛菜・他
頸管粘液検査の実施法と判定法
福井 淳史・他
子宮鏡検査の適応と実施法
原田 竜也
腹腔鏡検査の適応と実施法
辻 勲・他
●男性因子
精液検査の実施法と評価法
伊熊 慎一郎・他
男性不妊のホルモン測定の適応と実施法
白石 晃司
男性不妊の遺伝子検査の適応と意義
高 栄哲
陰嚢超音波検査・精管造影・精巣生検の適応と実施法
小林 秀行
●共通
抗精子抗体検査の適応と実施法
柴原 浩章・他
Q1.黄体機能不全の判定はどのようにすればよいですか?
田村 博史
Q2.ホルモン負荷試験は不妊スクリーニング検査で必要ですか?
高村 将司
Q3.AMHが低い場合に,患者にどのような説明をすればよいですか?
岩瀬 明・他
Q4.甲状腺機能の評価は不妊スクリーニング検査で必要ですか?
高村 将司
Q5.PCOSの診断方法について教えてください
岸 裕司
Q6.不妊検査としての子宮内膜日付診の意義はありますか?
田村 博史
Q7.卵胞発育モニタリングで卵胞が見えない場合,
 どのように対処すればよいですか?
折坂 誠・他
Q8.子宮卵管造影検査で卵管に異常がある場合には,
 体外受精に進むべきでしょうか?
森宗 愛菜・他
Q9.腹腔鏡検査でどのような所見がみられたら,
 その後の治療で体外受精を勧めるべきでしょうか?
辻 勲・他
■3.一般不妊治療:薬物療法
クロミフェン療法の適応と実施法
網田 光善・他
ゴナドトロピン療法の投与法の種類と特徴
都築 朋子・他
ドパミンアゴニスト療法の適応・種類・実施法
林 正美
PCOS患者のメトホルミン療法の実施法と有効性
高橋 俊文・他
Q1.クロミフェンによる頸管粘液・子宮内膜への影響については
 どのように考え,対処すればよいのでしょうか?
網田 光善・他
Q2.クロミフェン療法の副作用として上皮性卵巣悪性腫瘍は
 どの程度考慮すべきなのでしょうか?
網田 光善・他
Q3.ゴナドトロピン製剤はLHの含有比が製剤によって異なりますが,
 どのように使い分ければよいでしょうか?
都築 朋子・他
Q4.体重減少性無月経患者のゴナドトロピン療法がうまくいきません.
 有効な卵巣刺激法について教えてください
都築 朋子・他
Q5.低用量FSH療法とは,どのようなプロトコールなのでしょうか?
都築 朋子・他
Q6.血清プロラクチンはいつ測定すべきでしょうか?
 また,血清プロラクチン値が正常な症例に
 ドパミンアゴニスト療法は有効でしょうか?
林 正美
Q7.メトホルミン療法は,インスリン抵抗性のない痩せたPCOS症例や
 多嚢胞性卵巣のみのhigh responder症例にも,効果があるのでしょうか?
高橋 俊文・他
Q8.レトロゾールはPCOS症例に対しても有効でしょうか?
高橋 俊文・他
■4.一般不妊治療:手術療法
卵管近位・遠位閉塞病変に対する治療方針
末岡 浩
不妊を主訴とする子宮内膜症への手術療法の適応と注意点
出浦 伊万里・他
不妊を主訴とする子宮筋腫・腺筋症に対する治療方針
谷口 佳代・他
PCOSに対する腹腔鏡下卵巣多孔術の適応と実際
福原 理恵・他
Q1.卵管閉塞に対して卵管鏡と体外受精の
 どちらを選択するかの基準を教えてください
末岡 浩
Q2.卵巣チョコレート嚢胞の摘出の際に
 卵巣機能低下を避ける方法はあるのでしょうか?
出浦 伊万里・他
Q3.卵巣チョコレート嚢胞の際に,嚢胞摘出と不妊治療の
 どちらを優先すべきでしょうか?
出浦 伊万里・他
Q4.子宮内膜ポリープ,粘膜下筋腫がある場合,
 子宮鏡下の病巣摘出と不妊治療のどちらを優先すべきでしょうか?
谷口 佳代・他
Q5.子宮内腔に変形のない筋腫を認めた場合,
 手術を勧めるべきでしょうか?
谷口 佳代・他
Q6.子宮腺筋症核出が不妊症を改善するエビデンスはあるのでしょうか?
谷口 佳代・他
Q7.PCOS に対する腹腔鏡下卵巣多孔術後は自然排卵はどのくらいの
 周期期待できるとインフォームド・コンセントすべきでしょうか?
福原 理恵・他
■5.人工授精
配偶者間人工授精の適応と実施法
都竹 理
提供精子を用いた人工授精の適応と実施法
久慈 直昭・他
精子凍結保存の適応と実施方法
宮本 敏伸・他
Q1.人工授精における精子調整の留意点について教えてください
都竹 理
Q2.非配偶者間人工授精の実施施設に患者を紹介する場合の
 留意点について教えてください
久慈 直昭
Q3.精子を凍結するにあたって最も注意すべきことを教えてください
宮本 敏伸・他
Q4.凍結精子の管理はいつまで行えばよいのでしょうか?
 またその際に費用などはかかりますか?
宮本 敏伸・他
Q5.抗がん剤による化学療法を行った患者さんは,凍結精子を用いた
 治療以外に将来子どもができる可能性はないのですか?
宮本 敏伸・他
■6.生殖補助医療
調節卵巣刺激法の種類と特徴
桑原 章
採卵の方法とコツ
長田 尚夫・他
胚培養の方法とコツ
橋本 周
アシストハッチング法の方法とコツ
矢野 浩史・他
顕微授精の方法とコツ
中山 貴弘
胚移植法の方法とコツ
加藤 恵一・他
黄体補充療法の種類と特徴
藤原 敏博
胚凍結法および凍結胚移植法の種類と特徴
向田 哲規・他
IVM-IVFの実施法と成績
福田 愛作
遺伝性疾患の着床前診断の適応と実施法
浜之上 はるか
Q1.ゴナドトロピン反応不良例には,
 どのような調節卵巣刺激法が有効でしょうか?
桑原 章
Q2.アンタゴニストを用いた調節卵巣刺激法の
 特徴とメリットを教えてください
桑原 章
Q3.採卵時の出血に対する対処法を教えてください
長田 尚夫・他
Q4.採卵後に付属器膿瘍をきたした既往のある患者には,
 どのような採卵方法がよいのでしょうか?
長田 尚夫・他
Q5.良好胚の選別方法について教えてください
橋本 周
Q6.rescue ICSIで良好胚を獲得するコツを教えてください
中山 貴弘
Q7.薄い子宮内膜による着床不全を改善する薬物療法には,
 どのようなものがあるのでしょうか?
東口 篤司
Q8.アシストハッチング法のデメリットについて教えてください
矢野 浩史・他
Q9.顕微授精時の精子の選別法について教えてください
中山 貴弘
Q10.ホルモン補充周期での胚移植法は
 絨毛膜下血腫のリスクが高まるのでしょうか?
向田 哲規・他
Q11.IVM-IVF法における胚のリスクについて教えてください
福田 愛作
Q12.遺伝性疾患の着床前診断希望者を施行施設に紹介する場合には,
 どのような点に留意すべきでしょうか?
浜之上 はるか
■7.男性不妊症の治療
男性不妊症に用いられる薬物療法の種類と実施法
飯島 将司
精索静脈瘤根治術の適応と有効性
奥野 博
microdissection TESEの適応と実施法
岡田 弘
Q1.精巣内精子の有効な保存法を教えてください
飯島 将司
Q2.逆行性射精の精子採取法のコツを教えてください
奥野 博
Q3.conventional TESEとmicrodissection TESEの
 使い分けを教えてください
岡田 弘
■8.不育症の検査・診断
不育症の検索手順
中山 敏男・他
不育症の遺伝学的要因
杉浦 真弓・他
抗リン脂質抗体症候群の診断法と不育症への影響の考え方
佐藤 善啓・他
子宮奇形の不育症への影響と検査
竹下 俊行
子宮頸管無力症の診断法
板倉 敦夫
内分泌代謝異常による不育症の診断法
和泉 俊一郎・他
単回流産および反復・習慣流産がもたらす精神的影響
丸山 哲夫・他
Q1.不育症カップルの染色体検査の際の
 遺伝相談のポイントは何でしょうか?
杉浦 真弓・他
Q2.着床前診断と着床前スクリーニングの臨床的意義と
 問題点,方法について教えてください
竹下 俊行
Q3.血液凝固因子検査の意義は,どのようにとらえればよいでしょうか?
佐山 晴亮・他
Q4.抗ホスファチジルエタノールアミン抗体,抗ホスファチジルセリン抗体
 検査の意義はどのようにとらえればよいでしょうか?
佐藤 善啓・他
Q5.ナチュラルキラー活性検査の意義は,
 のようにとらえればよいでしょうか?
鮫島 梓・他
■9.不育症の治療
頸管縫縮術の適応と有効性
安藤 智・他
抗リン脂質抗体症候群への抗血栓・抗凝固療法の実施法と留意点
兵藤 博信
tender loving careの方法と有効性
中塚 幹也
続発性不育症への対処法
田知本(川口) 里恵・他
Q1.夫リンパ球免疫療法は有効ですか?
 また実施するとしたら注意点は何ですか?
青木 耕治
Q2.免疫グロブリン療法は有効ですか?
 また実施するとしたら注意点は何ですか?
山田 秀人
Q3.不育症に漢方療法は有効ですか?
高桑 好一・他

商品写真
定価 9,180円
(本体8,500円+税8%)