医学書院

検索
HOME雑 誌看護教育 > 2015年10月号

看護教育

2015年10月号 (通常号) ( Vol.56 No.10)
特集 あらためてHow to ロールプレイ!
 ロールプレイは,演習,実習がある医療教育において効果を発揮します。傾聴を理解するため,患者さんや家族の気持ちを理解するため,身につけた技術が活用できるかを確かめるため,さまざまなケースでロールプレイは用いられています。いわゆるシミュレーションや体験学習の事例のなかにも,ロールプレイと呼んでもいいものも珍しくありませんし,OSCEにおける模擬患者の活用も,ロールプレイ以外の何物でもありません。
 しかし,皆さんはロールプレイを「教育方法」としてきちんと認識し,取り入れているでしょうか? 「ごっこ」遊びの延長になっていないでしょうか?自分が学生のときに授業で用いられたのをまねただけで,用いていないでしょうか?
 今回の特集は,ロールプレイの教育における本質をあらためて見直したうえで,教員自身とプロの俳優にロールプレイを行っていただいた様子を映像で紹介することによって,どこにポイントを置いて指導すれば,より効果があがるのかを再考する参考にしていただこうと組まれたものです。さらに,ロールプレイを含む演劇が,看護教育にいかに役立つかも,演出家に語っていただきました。人と接することを大事に考える看護は「役割を演じる」ロールプレイとは,とても親和性があります。だからこそ,その本質と効果を理解したうえで,教育に取り入れていただきたいと思います。
 ロールプレイは,教員にも学生にも「アクティブ」で「おもしろい」もの。楽しく有意義なロールプレイが広がることを期待しています。
(看護師のためのwebマガジン「かんかん!」のページ)

■ロールプレイの可能性と注意点
古見 文一
■医療教育におけるロールプレイ再考と糖尿病劇場の試み
岡崎 研太郎
■Web連動企画
同じ条件での3パターンのロールプレイ
ロールプレイを実践する学生のための事前レクチャー
高塚 由香里
ロールプレイの実際
有馬 葉子/中野 誠子/高塚 由香里
蓮行/F.ジャパン/中谷 和代
■Web連動企画
【座談会】ロールプレイで学べるものを体験してみて
屋宜 譜美子/高塚 由香里/有馬 葉子
中野 誠子/蓮行/F.ジャパン/中谷 和代
■演劇から学べるさまざまなこと ロールプレイを入り口として
蓮行


■特別記事
【座談会】『異端の看護教育』から読み取れるもの
 中西睦子先生の思い出を語り,遺したものを活かす
松澤 和正/鳥原 真紀子/林 千冬
【コラム】中西先生とすごした日々と学んだこと
鈴木 美恵子
■特別寄稿
新しい看護教育モデルを目指して 佐世保市立看護専門学校の挑戦
早田 宏
【コラム】看護職校長としての思い そのとき私は何を思っていたのか
西村 伊知恵
■Scramble Zone
PBLを基盤としたオランダの看護教育の状況から日本の看護教育を考える
飯岡 由紀子


●【新連載】北欧フィンランドで看護師になる!・1
大学編入までの道のり
小林 桃子
●教育のメイルストロム・10
「心に火をつける教育を日本中に広めたい!」
 親も子どもも一緒に学ぶ,「探求の種まき」とは?
森本 佑紀さん
●アジア,アフリカ,ラテンアメリカの看護教育はいま・7
ベトナム 患者1人ひとりと向き合える看護師教育を目指して
稲岡 希実子
●授業研究で変わる! 授業研究で変える!・10(最終回)
看護教員が自らの授業実践を発表したり,論文にまとめる方法
吉崎 静夫/蔵谷 範子/末永 弥生
●“医療安全力”を育むリスクアセスメントトレーニング・18
なぜ,マニュアルが遵守されないか?
斉藤 奈緒美/石川 雅彦
●学びのヒントをもつ私 学生は経験の宝庫・4
つながる機会に巡りあい
文倉 志信
●宮子あずさのエキサイティングWriting・10
現場を見てこそ書けるもの
宮子 あずさ

商品写真
定価 1,620円
(本体1,500円+税8%)
(品切中)