医学書院

検索
HOME雑 誌看護教育 > 2015年06月号

看護教育

2015年06月号 (通常号) ( Vol.56 No.6)
特集 「つまらない」授業よ,さらば!
 「授業は学習の場。おもしろい,つまらないで計れるものではない」。もしそう思い込んでいる先生がいるとすれば,その方は「おもしろい」授業を受けたことがないのではないでしょうか。たいていの人は,自ら学ばなければ,自分が受けた方法でしか教えることができません。ですので,「おもしろい」授業を行うには,「おもしろい」授業を受ける必要があると思います。ここで言う「おもしろい」は愉快という意味ではなく,興味を引く,すなわち英語で言うところの「interesting」と考えてください。
 もちろん看護教育が専門教育である以上,初等教育とは違い,学生は自ら望んで学んでいることでしょう。だとしても,学習効果を上げるためには,一方的な講義だけでは不十分だということは,おわかりだと思います。では,いったいどうすればいいのか?
 今回は,実際に授業を「おもしろく」している方々に,自らの経験をふまえたうえで,いかに学生の気持ちを引き出し,学習効果を上げるかについて,提言いただきます。実際の授業を見ていただくのがいちばんではあるのですが,誌面からさまざまな工夫を汲み取ってみてください。加えて,これをきっかけに,先生方がお互いに授業を見せ合ったり,方法について話し合ったりする機会が増えれば幸いです。

■看護の授業をおもしろくするには
「結びつき」が見えるようにデザインする
五十嵐 ゆかり
■授業をプレゼンテーションに!
今日からできる授業改善のコツ
内藤 知佐子
■へたな授業は罪深い
「しかつめらしさ」と「プロフェッショナル」の混同をほぐす
筒井 美紀
■エンタテインメントに学ぶ授業づくり 看護教育編
メディアの手法を活かす
藤川 大祐
■【対談】おもしろい授業のために教員ができること
水方 智子/三浦 真琴


■特別記事
「つまらない」講義を,私は続ける!
沼崎 一郎
■特別寄稿
教育を楽しみ,自ら成長できる専任教員を育成する教員養成講習会をめざして
 広島県の取り組み
波多野 文子/中本 啓子/水馬 朋子
■看護教育研究
看護系大学における産業看護学教育の実態
河野 啓子/畑中 純子/後藤 由紀
水野 ルイス 里美/大山 真貴子/小笠原 ゆかり


●教育のメイルストロム・6
「取り組みたい何かを話し合いながらつくり,同時に人のつながりを
 濃くするのが,コミュニティデザインの醍醐味です」
 地域をワークショップで活性化し,生まれた“つながり”で個々も活性化する
山崎 亮さん
●アジア,アフリカ,ラテンアメリカの看護教育はいま・3
ドミニカ共和国
 ドミニカ人らしい思いやりを活かした看護実践のための教育を
二田水 彩
●授業研究で変わる! 授業研究で変える!・6
看護教員の専門的力量を高めるための授業研究の方法
吉崎 静夫/蔵谷 範子
●卒業前の看護実践能力育成への取り組み
愛知県立大学看護学部「看護の統合と実践」検討プロジェクト・10
分野別演習の指導計画と実施状況
 老年看護学:介護老人保健施設に入所してきた認知症高齢者の
 事例を用いた演習
藤野 あゆみ/松岡 広子/天木 伸子/百瀬 由美子
●看護学生 縦のいと、横のいと・6(最終回)
看護師は「発信」を行うべきか
木村 映里
●“医療安全力”を育むリスクアセスメントトレーニング・14
MITT:体験から学ぶチームトレーニング 臨床編
斉藤 奈緒美/石川 雅彦
●看護はやっぱり面白い!? アラフォー女子大生の「看護」探求の日々・30
 (最終回)
ナースデビュー/はじめの一歩!
片山 紀子
●宮子あずさのエキサイティングWriting・6
私の言葉磨き
宮子 あずさ

商品写真
定価 1,620円
(本体1,500円+税8%)