医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2015年10月号

病院

2015年10月号 (通常号) ( Vol.74 No.10)
特集 病院の外来戦略
地域医療構想策定に向けて病院の機能分化が進められようとしているが,病床機能の分化と同様,外来機能についても分化,役割分担が求められている.これまでの外来機能をどう分化させるのか? どのような役割分担が望ましいのか? 各病院には外来機能の戦略が問われている.本特集では,予想される今後の診療報酬改定を踏まえ,病院の外来機能の今後を考える.

山田 隆司
病院の機能分化と外来機能
遠藤 久夫
諸外国における病院外来の動向
松田 晋哉
大規模病院(特定機能病院)外来の現状と今後の方向性
 逆紹介率の重要性および選定療養費の義務化
小山 信彌
[事例]病院外来の新機軸
肝胆膵領域に特化した専門治療センターとしての戦略
末永 昌宏
[事例]病院外来の新機軸
薬系大学および保険薬局と連携した大学病院の薬剤師外来
山田 清文
[事例]病院外来の新機軸
患者に安心をもたらす緩和ケア外来のあり方
廣橋 猛
[事例]病院外来の新機軸
これからの認知症疾患医療センターに求められていること
粟田 主一


■対談
中小病院-どう生き残る
猪口 雄二 × 山田 隆司


●アーキテクチャー× マネジメント[10]
医療法人共和会 小倉リハビリテーション病院
境野 健太郎
●Data mania[10]
受療行動調査
中島 秀和
●医療の可視化と病院経営[10]
地域医療構想の目的の再確認
松田 晋哉
●赤ふん坊やの地域ケア最前線!-全国各地の取り組みに出会う旅[5]
東京都新宿区・秋山 正子

●新連載 医療・病院をめぐる文献ガイド[1]
医療経済学領域を知る文献
井伊 雅子
●地域医療構想と〈くらし〉のゆくえ[7]
推進すべき在宅医療のあり方とは
高山 義浩
●病院経営に効く1冊[10]
『GHQサムス准将の改革-戦後日本の医療福祉政策の原点』
伊関 友伸

商品写真
定価 3,132円
(本体2,900円+税8%)