医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2015年05月号

病院

2015年05月号 (通常号) ( Vol.74 No.5)
特集 地域包括ケアの中核としての病院看護部門
地域医療構想の策定過程では病院および病床機能の再編が行われ,地域包括ケアシステムの枠組みの構築過程では病院と診療所・介護事業者との連携が強化されていく.医療ニーズの高い高齢者が安心して在宅医療を受けるためには,地域全体を病棟とみなす必要があり,地域のナースステーションとなる部門が重要となる.本特集では病院看護部門に期待される役割を俯瞰する.

松田 晋哉
地域包括ケアシステムにおける病院看護部門の今後のあり方
筒井 孝子
急性期病院における看護部の取り組み
 入院中のADL低下予防から退院後の在宅訪問まで
粟村 真須美
地域包括ケア病床を有効活用する看護部門のあり方
本橋 敏美
看護を軸とした地域連携
 院外新人看護職員研修受け入れ事業と看・看連携会議を中心に
宮下 恵里
フランスの在宅入院制度から考える
 これからのわが国の病院看護師の役割について
松田 晋哉


■対談
超高齢社会の医療と介護をつなぐ看護師
齋藤 訓子 × 松田 晋哉


●アーキテクチャー×マネジメント[5]
公立大学法人福島県立医科大学 会津医療センター
小藤 一樹
●Data mania[5]
看護関係統計資料集
小塚 正一・中島 秀和
●事例から探る地域医療再生のカギ[3]
地方独立行政法人加古川市民病院機構の病院統合
伊関 友伸
●医療の可視化と病院経営[5]
地域医療構想策定ガイドラインについて
松田 晋哉
●Current Issue
周術期管理の新たなキーワード “ESSENSE”
宮田 剛
●地域医療構想と〈くらし〉のゆくえ[2]
「ここにいるさ」が許される場所
高山 義浩
●病院経営に効く1冊[5]
『八重山病院 データでムヌカンゲー2』
伊関 友伸

商品写真
定価 3,132円
(本体2,900円+税8%)
(品切中)