医学書院

検索
HOME雑 誌糖尿病診療マスター > 2015年04月号

糖尿病診療マスター

2015年04月号 (通常号) ( Vol.13 No.4)
特集 糖尿病医療学の時代 糖尿病患者のこころを支える
■〔要約〕病いと人間的体験 慢性の病いと共に生きること
〔Summary〕Illness and Human Experience:Living with human experience
Arthur Kleinman・皆藤 章(訳)
■糖尿病者のこころを支えるということ
皆藤 章
■糖尿病医療学の実践
医者が変われば,患者が変わる
赤井 裕輝
医療学に至る道 チームで事例検討をしましょう
北谷 真子
患者さんの行動変容を支える チームでのアプローチ
中塔 辰明
継続!事例検討:過食を抱える若年2型糖尿病患者―診断から7年の後に
 医師と臨床心理士からの報告
古家 美幸・義江 多恵子
1型糖尿病を生きる
 医師であることを支えるもの,糖尿病者であることを支えるもの
黒田 暁生
糖尿病とともに生きる 「知」と「情」をめぐる物語
花房 俊昭
糖尿病医療学とは その概念の成立過程と実践
石井 均


●Perspective 展望
「病を引き受けられない人々のケア 聴く力,続ける力,待つ力」
石井 均
●糖尿病運動療法“ヒヤリ・ハット”【新連載】
運動教室前,低血糖の訴えがあったが,実は高血糖であった
小池 日登美
●季節を感じる糖尿病食 旬の野菜と身近な卵で【新連載】
卯月 アスパラのサンドイッチとミモザサラダ
城戸崎 愛
●糖尿病患者の足を守る 〔Basic編〕 足をみる・きく・ふれる【第4回】
足を聴く
仲村 直子
●糖尿病診療トレーニング問題集
内科医レベル
森田 善方
●海外文献紹介
BOT療法で,低血糖になるのはどんな症例か?
細井 雅之・上野 宏樹・川崎 勲
●報告記
AADE2014 医療制度改革にゆれる糖尿病教育
森川 浩子・大石 まり子・黒江 ゆり子