医学書院

検索
HOME雑 誌臨床整形外科 > 2015年12月号

臨床整形外科

2015年12月号 (通常号) ( Vol.50 No.12)
特集 世界にインパクトを与えた日本の整形外科
頚椎Pedicle Screw
鐙 邦芳
外傷性肩関節脱臼に対する外旋位固定
井樋 栄二
関節鏡
織田 弘美
軟骨細胞による再生医療
越智 光夫・他
Myelopathy Handと10秒テスト
小野 啓郎
先天性橈尺骨癒合症授動術(金谷法)開発
金谷 文則
金田式デバイス
金田 清志
頚椎椎管拡大術(服部法)の思い出
河合 伸也
Interference Screw(Kurosaka Screw)の開発
黒坂 昌弘
脊椎カリエスに対する腹部前方アプローチ
清水 克時
反復性肩関節脱臼に対する鏡視下手術
菅谷 啓之
術中脊髄機能モニタリング法の開発
玉置 哲也
ループスーチャー
津下 健哉
腕神経叢損傷の再建
土井 一輝
腫瘍脊椎骨全摘術 Total en bloc Spondylectomy
 -“TES”の開発を駆り立てたもの,支えてくれたものは何だったのか?
富田 勝郎
臼蓋回転骨切り術(CPO)
内藤 正俊
経皮的髄核摘出術(PN)
土方 貞久
頚椎椎弓形成術(片開き式脊柱管拡大術)
平林 洌
Leeds-Keio人工靱帯(靱帯補強用メッシュ)
冨士川 恭輔
棘突起縦割法椎弓形成術の創成-時流と黒川先生との邂逅
星野 雄一
連通多孔体人工骨の開発
名井 陽
足趾移植による小指再建
吉村 光生


●調査報告
骨折の疫学と転倒予防
津田 隆之
●最新基礎科学/知っておきたい
肩甲帯のバイオメカニクス
大木 聡
●連載
整形外科の歴史(9)-マイクロサージャリーの歴史
玉井 進
整形外科の歴史(10)-腫瘍の歴史
内田 淳正・他
●臨床経験
弛緩脊髄(仮称;slack spinal cord)の病態について
藤田 勝・他
●症例報告
ムコリピドーシスIII型に伴った脊柱後弯症の1例
久島 雄宇・他
内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(MED)後に発生したepidural gasの1例
清田 康弘・他
環軸椎亜脱臼と軸椎下後弯を合併した頚髄症に対し
 椎弓形成術を単独施行後に再手術を要した1例
伊藤 嘉奈子・他
外固定期間中に尺骨頭が掌側脱臼したGaleazzi骨折の1例
木村 洋朗・他

商品写真
定価 2,700円
(本体2,500円+税8%)