医学書院

検索
HOME雑 誌精神看護 > 2014年11月号

精神看護

2014年11月号 (通常号) ( Vol.17 No.6)
緊急企画 「これがユマニチュードだ!」 開発者イヴ・ジネスト氏の講演録

 認知症ケアの新しい技法として、今注目を集めている「ユマニチュード(Humanitude)」。
 ユマニチュードは知覚・感覚・言語を包括したコミュニケーション法を軸にしたケアの技法で、イヴ・ジネスト、ロゼット・マレスコッティの両氏によって1979年に誕生しました。
 攻撃的になったり、徘徊したりするお年寄りを、“こちらの世界”に戻す様子を指して、「魔法のような」とも称されます。しかしこれは、魔法でも奇跡でもなく、伝達可能な「技術」です。
 2014年夏、ユマニチュードを開発したイヴ・ジネスト氏が来日し、8月12日、東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターにて講演会が開かれました。その温かく、優しく、時にユーモアを交えた語りに、会場にいる人は引き込まれ、「あっという間の2時間だった」との感想も聞かれました。壇上には、ユマニチュードを日本に紹介した国立病院機構東京医療センターの総合内科医師、本田美和子氏も同席し、講演をサポートしました。
 本誌では、この好評を博した講演を再現し、紹介していきます。

■緊急企画
これがユマニチュードだ!開発者イヴ・ジネスト氏の講演録
@2014年8月12日 紀伊國屋サザンセミナーより


■目ウロコ座談会
教えて!達人たち
ストレングスモデルが医療に入ると、どんないいことがあるの?
萱間 真美×仲野 栄×原子 英樹×中嶋 康子
■特別記事
「精神科医が記載する書類」で知っておきたいこと
医療保護入院、自立支援医療、精神障害者保健福祉手帳
山崎 正雄
■研究
統合失調症患者に好意を向けられた女性看護師の感情体験
清水 隆裕・入江 拓


●まさぴょんの「こんなレクリエーション療法はどう?」(6)
レクを担当する人の負担感を減らし、楽しさに変えるには
高橋 政代
●失恋の話を聞きまくる男たち。桃山商事(3)
失恋ホストの現場紹介 恋と愛の違いについて
清田 隆之
●中動態の世界(6)
我々は中動態を失うことによって何を得たのか?
國分 功一郎
●「自殺者の少ない地域」のコミュニケーション力を考察する(2)
「声かけ」ができる背景
森川 すいめい
●夜勤飯(4)
岡田 隆
●べてる新聞『ぱぴぷぺぽ』(100)

●読者投稿コーナー ここ掘れかんかん!
危険ドラッグ使用患者による看護師への傷害事件
やる気の源は「学習」と「出会い」
田畑 裕之

商品写真
定価 1,296円
(本体1,200円+税8%)
(品切中)