医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2014年04月号

訪問看護と介護

2014年04月号 (通常号) ( Vol.19 No.4)
特集 在宅ケアの質を高めるICT(情報通信技術)
ICTを地域のインフラにするのは「看護師」
 ゆとりある在宅療養を叶えるツールとして
光城 元博
【実践報告】
1.セキリュティを重視したステーション独自のシステムの開発
 訪問看護師の視点をふんだんに盛り込んで
加藤 希
2.小規模訪問看護事業所支援のための「訪問看護版電子カルテ」
 県単位での業務効率支援
鈴木 朋子、小関 ちはる、山木 まさ、権平 くみ子、
伊藤 喜久夫、星野 惠美子、澤田 いつ子、松永 敏子
3.「看護診断」の活用による看護過程強化のためのICT化
 県単位での看護の質向上も視野に
伊藤 絹枝、奥田 眞紀子
4.終末期ケアのタイムリーな多職種連携も可能にした地域ICTネットワーク
 小規模ステーションが拡げた医療連携の輪
香川 直
ICTシステムの地域レベル・全国レベルの標準化に備えて
 共有すべき情報の精査・選別による「互換性」を
泊 奈津美


■特別記事
「平穏死」の本当の意味
 「老衰」への医療のあり方を考える
石飛 幸三
■巻頭インタビュー ケアする人々・27
久野孝稔さん・礒部啓子さんに聞く
介護ロボHAL®が引き出す人間のポテンシャル
 訪問看護を併設する「湘南ロボケアセンター」がオープン
(聞き手)岡田 慎一郎


●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・55 
認知症でもよか県! 佐賀!
秋山 正子
●介護することば 介護するからだ 細馬先生の観察日記・33
声は“動作の虫眼鏡”
細馬 宏通
●一器多用・35
医療・介護はツッコミ不足
岡田 慎一郎
●「介護」「看病」は“泣き笑い” ウチの場合はこうなんです!・37
「“声かけ”の大切さ」の巻
岡崎 杏里
●訪問ほっとらいん
相模原町田地区介護医療圏インフラ整備コンソーシアムの試み
小野沢 滋

商品写真
定価 1,404円
(本体1,300円+税8%)
(品切中)