医学書院

検索
HOME雑 誌看護研究 > 2014年12月号

看護研究

2014年12月号 (通常号) ( Vol.47 No.7)
特集 看護を語る 看護を創る
看護は日々,さまざまな言葉で語られています。そうした数々の言葉の中には,まだまだ無数の知が秘められています。本号では,看護を「語る」ことがいかに看護を「創」っていくのかを,探っていきます。

■「実践を語ること」と「捉えなおされた実践を語ること」
訪問看護師の家族支援と地域包括支援センター3職種の支援の
2つの取り組みから
河原 智江
■集中治療室看護師の実践の意味
田代 幸子
■「うまくいかない」語りの意味
看護師が「難しい」と感じる障害児の家族とのかかわり
山本 美智代
■がん患者のエンド・オブ・ライフにおける認定看護師・専門看護師の
看護実践の語り
福井 里美
■急性期病棟での緩和ケア
みなでやりきった実践の意味
守田 美奈子
■ケアと共感疲労
東日本大震災での救援体験をめぐる2人の看護師の語りから
小宮 敬子
■日常の看護場面においてはたらく「手」の現象学的考察
語り直すことからみえてくるもの
原澤 純子
■病院全体のバランスを見る
病棟看護師長の語りとその編成
西村 ユミ,前田 泰樹


●SCOPE
第8回 ICN INP/APNN カンファレンス報告
 海外のAdvanced Practice Nurseの動向
鈴木 美穂,コリー 紀代
●統計学のキー・ポイント―「検定」に焦点を当てて・6(最終回)
対応のある場合の2グループの有意差検定
高木 廣文
●Words, words, words. 研究にまつわる知識と技法・18(最終回)
研究でやってはいけない4つのこと
江藤 裕之

商品写真
定価 1,944円
(本体1,800円+税8%)
(品切中)