医学書院

検索
HOME雑 誌病院 > 2014年09月号

病院

2014年09月号 (通常号) ( Vol.73 No.9)
特集 里山資本主義と地域医療
里山資本主義とは,お金に換算できない大切な価値・資源をいかしていく考え方を伝えようとした造語である(『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』 角川書店,2013).超高齢社会に直面し,限られた人材や財源をやりくりしなければ持続可能なサービス提供が困難である地域の医療・福祉は,人と人とが「つながること」で新たな価値が生まれる現実を重視する里山資本主義から学ぶことも多い.本特集では,地域コミュニティにおける医療・福祉資源の活用と,病院の在り方について考える.

伊関 友伸
【鼎談】里山資本主義と地域医療の共通項
 -地域の人のつながりが新しい価値を生む
藻谷 浩介・井階 友貴・伊関 友伸
これからの地域コミュニティと医療・福祉
広井 良典
「地域医療」から「コミュニティヘルス」へ
 -住民が役割を持てる仕掛けを考える
秋山 美紀
【事例】地域医療魚沼学校の試み-住民こそ医療資源である
布施 克也・鈴木 孝明・林 純一・高野 清美・上原 喜美子・
上村 伯人・井口 清太郎・大平 妙子・佐藤 洋子
【事例】「るもいコホートピア構想」と地域医療
笹川 裕
【事例】地域包括ケアを目指す「三方よし研究会」の試み
小串 輝男
【事例】高齢化が深刻なUR都市機構幸手団地における
 コミュニティ再生と地域医療の取り組み
 -郊外地域に対応した住民主体の地域包括ケアシステム
中野 智紀


■グラフ
革新をめざす都市型有床診療所
 -四谷メディカルキューブ
撮影/四谷メディカルキューブ,本誌編集室
構成/本誌編集室
■アーキテクチャー
東京都健康長寿医療センター
室殿 一哉・永井 豊彦・名和 杏子
From Hospital
井藤 英喜
■世界病院史探訪
ウィーン陸軍病院(ヨセフィーヌム)・陸軍軍医学校と日本の蘭学
石田 純郎


●医療計画・地域医療ビジョンとこれからの病院マネジメント[3]
National databaseを用いた地域医療の可視化
藤森 研司
●病院のお悩み相談室[9]
情報流出と患者のプライバシー
垂水 謙太郎
●医療者からみた高齢者の「こころとからだ」[3]
図形化試案による臨床的ケアへのヒント
高齢者の生活環境と「こころとからだ」を考える会
●リレーエッセイ 医療の現場から
私のジャイアント・キリング
井村 洋
●海外医療情報
二木 立

商品写真
定価 3,190円
(本体2,900円+税10%)
(品切中)