医学書院

検索

BRAIN and NERVE-神経研究の進歩

2014年11月号 (増大号) ( Vol.66 No.11)
増大特集 神経症候学は神経学の“魂”である
シャルコー
作田 学
ジャクソンの運動症候論
山鳥 重
ガワーズ-「神経学のバイブル」の著者
廣瀬 源二郎
バビンスキー-神経症候学への貢献
古川 哲雄
キニア=ウィルソン
菊池 雷太
モンラッド-クローン-ノルウェーの臨床神経学者
高橋 昭
ワルテンベルク
葛原 茂樹
クリッチュリー
本村 暁
チャールズ ミラー フィッシャー-偉大なる観察者
福武 敏夫
ゲシュヴィンド-人と業績
櫻井 靖久
マースデン-生理学的基礎知識に基づいた優れた臨床神経学者
宇川 義一
ハンス リューダース
辻 貞俊
田邉敬貴-神経精神科医として王道を行く
橋本 衛,他
ホッジス-神経症候学と神経心理学の融合を目指して
池田 学
ボグスラブスキー
山本 晴子


■総説
認知症とてんかんの交差点
岩田 淳
封入体筋炎の病態と原因
村田 顕也,伊東 秀文


●病態解明・新規治療を目指した神経疾患の患者レジストリシステム
第3回 筋ジストロフィー:Remudy
木村 円,他
●症例報告
進行性筋萎縮症の1剖検例
 -進行性筋萎縮症はlower-motor predominant ALSの1亜型である
小阪 崇幸,他
●学会印象記
7th Conference of the Peripheral Nerve Society/
 Inflammatory Neuropathy Consortium Meeting
小池 春樹
●連載
神経学を作った100冊(95)
作田 学

商品写真
定価 4,104円
(本体3,800円+税8%)
(品切中)