医学書院

検索
HOME雑 誌訪問看護と介護 > 2012年08月号

訪問看護と介護

2012年08月号 (通常号) ( Vol.17 No.8)
特集 吸引・胃ろう等をどう行なうか これからの“医療的ケア”【理解編】
「介護職員等による喀痰吸引等実施のための制度」の要点
編集室
厚生労働省から訪問看護師のみなさんへ
 「介護職員等による喀痰吸引等の実施についての改正法」の概要と訪問看護師の役割
翁川 純尚・高木 憲司
 なぜ「不特定多数の者」と「特定の者」に分かれたのか
高木 憲司
 「相談支援専門員(障害者自立支援法)」の活用を
遅塚 昭彦
「訪問看護師」の役割
 安全な“医療的なケア”とスムーズな看介連携のための「看護の視点」
川村 佐和子
「医師」の役割
 “医療的ケア”の「パーソナル・アシスト」をめざして
杉本 健郎
「ケアマネジャー」の役割
 指示とケアをつなぐ「医療的ケアマネジメント」をめざして
柴山 志穂美
「介護職」の役割
 利用者さん・ご家族、多職種と一緒に「現場のルール」づくりを
伊藤 佳世子
【座談会】“医療的ケア”における看介連携の必然
 -“めんどうくささ”を連携強める第一歩に
江川 文誠・重信 好恵・安城 敦子・川口 有美子
「取れない痰」をどうするか?-異常時に、仇にも糧にもなる「関係性」
 当事者の声・1
小田 政利
 当事者の声・2
水町 真知子
 

■調査報告
人工呼吸器を装着したALS患者の介護者の介護認識に関する調査
 -人工呼吸器装着選択状況からの検討
高岡 幸枝・河野 あゆみ
■巻頭インタビュー ケアする人々・12
木下知威さんに聞く
新たなケアは「違い」の認識から
 さまざまな違いが共にあった京都盲唖院を追って
編集室
■特別記事
「オールジャパンケアコンテスト」の意義と展望
 開かれた場で「介護の質」を共有する試み
荒井 祐二・景山 るみ子・矢倉 睦江


●訪問看護時事刻々・161
「ここさこらんしょ」の石田さん
石田 昌宏
●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・35
「つながる力」からの発展
秋山 正子
●息子介護者の〈言い分〉 僕らが「支援」を必要とするワケしないワケ・5
「支援」だからこそ受け取れない事情
 サポート・シーキングにおける「男らしさ」の作法
平山 亮
●介護することば 介護するからだ 細馬先生の観察日記・13
歌の時代
細馬 宏通
●これって急変? なんとなく変への対処法・8
食事量が減ってる? 胃ろうにするか?
鈴木 昇平
●一器多用・15
「PT」もつらいよ!?
岡田 慎一郎
●「介護」「看病」は“泣き笑い”ウチの場合はこうなんです!・17
「父さんの本音」の知り方は?の巻
岡崎 杏里
●ほっとらいん ふろむ ほんごう
娘が撮った「認知症の母」の人気動画が劇場版に
 映画『毎日がアルツハイマー』上映始まる
土本 亜理子

商品写真
定価 1,430円
(本体1,300円+税10%)
(品切中)